特集
カテゴリー
タグ
メディア

ぬくもりあふれるカトラリーを「自分の手」&「東京の木」でつくれるキット「KINO」

ぬくもりあふれるカトラリーを「自分の手」&「東京の木」でつくれるキット「KINO」

「東京生まれの木のプロダクト」

ふと目に留まったキャチコピーに、東京で生まれ育った私は、ある種の違和感を覚えました。

「東京生まれの木って...なんだろう? 東京のどこに生えている木だろう? 木だったら、別に東京生まれじゃなくてもいいのに...」

そのプロダクトの名前は「KINOつくるキット」。どうやら、スプーンやナイフ、お箸といったカトラリーの手づくり工作キットのようです。違和感とともに、そこはかとない興味をそそられた私は、さっそくどんなものなのかを調べてみました。すると、商品を買って自分1人でつくることもできるようですが、このキットをつくるためのワークショップが定期的に開催されているとのこと。勢い込んで、さっそく申し込むことに。

ワークショップの会場は、東京都千代田区にあるオフィスビルの1フロア。東京の中でもド真ん中といえるエリアです。最上階でエレベーターを降りると...そこに待っていたのは、机や棚から壁に床まで、すべてが木づくりの東京らしからぬ空間。聞いてみると、この部屋に使われている木も、キットと同じくすべてが東京の木だそう。

KINOへや」と名づけられたこのスペースは、普段は小規模のイベント会場や撮影スタジオとして貸し出しているそうなので、木になった、もとい、気になった方はこちらを見てみてください。懐かしい木の香りに包まれ、無垢の呼吸を全身で感じながら、待ちに待ったワークショップがはじまりました。

130329kino_01.jpg

まずは、東京都あきる野市で製材所を営む、「東京の山の先生」こと沖倉喜彦さんのお話からスタート。その内容は、東京に住む私がまったく知らない驚くべきものでした。

130329kino_02.jpg

経済成長にともなう大規模な住宅用建材の需要に応えるため、自然林を伐採し、大量の杉や檜が植えられた東京の山。人の手によってつくられたその山は、人が手をかけなければ維持できなくなってしまっています。

ところが、長い年月をかけて伐り時を迎えた木も、安価な外国産材に押されて需要が低下。林業の衰退もあいまって、バランスを崩しはじめた山では、花粉症対策のためだけの、伐り時を無視した伐採が進められています。

自然というのは、木だけ、土だけ、水だけで維持できるものではありません。それぞれが支え合うように、絶妙なバランスを保って、森や山や川を形づくっているのです。木がおろそかにされることによって、木だけがダメになるのではなく、ほかの自然も一緒に破壊されてしまうのです

「KINOつくるキット」は、そんな東京の山の木、主に建築材の端材を活用してつくられています。

中長期的な計画に基づいて植えられながら、予期せぬ事情でニーズがなくなってしまった東京の木。その木を使ったプロダクトをつくることで、1人でも多くの人にこの状況を知ってもらおうというのが、この「KINO」プロジェクトの本旨でした。とはいえ、ただ悲観するのではなく、どうやって有効活用するかを考えているのがこのプロジェクトの良いところ。私もしんみりするのではなく、楽しく前向きに応援したいという気持ちにさせられました。

130329kino_03.jpg

130329kino_04.jpg

先生の話が終わったら、いよいよ工作タイムです。今回、チャレンジするのは、「おやさじ」と「こさじ」の木型が1本ずつ入った「おやこさじ」キット。工作の先生であるKINOのスタッフ・松本さんが、木の削り方をていねいに教えてくれました。使う道具は、木工用の小刀かカッターナイフ。手を切らないよう、軍手をはめて作業しましょう。わかりやすいイラストが書かれた説明書もついているので、1人でつくる場合でも安心です。

130329kino_05a.jpg

130329kino_06a.jpg

上が木型で、下が完成品のサンプルです。「ワークショップは時間が限られているので、削る量の少ないこさじがオススメです」という言葉に逆らって(先生ごめんなさい!)、丼ものを食べるのにちょうど良さそうなおやさじをチョイスしました。

130329kino_07.jpg

まずは、さじの頭を丸めるところからスタート。受け皿の部分は最初からくり抜かれているので、ガイドラインのスタンプに沿って厚さの均等な壁をつくるように、木の端から削り落としていきます。

130329kino_08.jpg

最初は、完成までの道のりが果てしなく長く感じましたが、10分ほど削っていると少しコツがつかめた...ような気がしてきます。ここで調子に乗るとケガにつながるので、皆さんも気をつけましょう。

130329kino_09.jpg

頭のまわりを全体的に粗削りしたら、次はくびれをつくっていきます。固い檜とはいえ、細くなればなるほど強度は弱まっていくので、ザクッといきすぎないように注意しながらフォルムを整えます。

130329kino_10.jpg

さじの形が見えてくると、どんどん楽しくなってのめり込んでいきます。この日のワークショップには15人ほどが参加していましたが、最後のほうはみんな黙々と、自分のさじに向き合っていました。

130329kino_11a.jpg

130329kino_12a.jpg

130329kino_13a.jpg

130329kino_14a.jpg

2時間半ほど作業をして、軽いヤスリがけまで終わった状態がコチラ。実は...残念ながら、最後の最後で受け皿の部分に穴を空けてしまいました。でも、まったく悲観はしていません。このさじは、担々麺のひき肉や味噌ラーメンのコーンなど、汁ものの細かい具を拾うための「穴空きさじ」として生まれ変わったのです! それに、横から見るとなんだかヘビのようで、年男である巳年生まれの私にとっては縁起の良いものにすら思えてくるから不思議なもの。この妙な愛着も、「手づくり」のなせる業ですよね。これからもう少し磨いて、付属のミツロウを塗って、仕上げ作業に入りたいと思います。

皆さんも、木に触れて、その木を毎日使ってみるところから、東京の木の問題に向き合ってみてはいかがでしょうか? 変に難しく考えないでください。きっと楽しいですよ。

KINOでは定期的にワークショップも開催しているそうなので、近くに住んでいる人には、そちらへの参加をオススメします。詳細はこちらから問い合わせてみてください

KINOつくるキット

KINOへや

(奥洋介)

swiper-button-prev
swiper-button-next