特集
カテゴリー
タグ
メディア

失恋から立ち直るには「部屋を掃除する」に限る

失恋から立ち直るには「部屋を掃除する」に限る

失恋やツラい別れは、誰でも人生で一度は経験するものでしょう。そんな時は「時間が一番の薬だ」なんて言いますが、ブログ「DIY Life」では「家の掃除もいい薬になる」と勧めていました。心理療法士のMary Darling Monteroさんが、「Huffington Post」に掃除の効能についての記事を投稿していました。

失恋したばかりの時は、別れた彼や彼女の痕跡があちこちに残っています。例えば、否定された状態に耐え続けていると、否定された状態の方が現実よりもマシなように感じます。クローゼットから元恋人の洋服を取り出すのは「別れを象徴するキツい行為」で耐えられないだろうと思っていたことなので、実際に行動に移してみると、それは自分で別れを認めたことになるのです

DIY Lifeには、それ以外にも掃除が失恋に効く理由が載っていました。散らかったところで生活していると、心が荒みやすくなります。大掃除をすると、失恋やそれ以外のツラい出来事からくるストレスや鬱々とした気持ちを晴らせます。

失恋の後は...散らかったところで生活すると気分が落ち込む

Happiness Project」でGretchen Rubinさんが、部屋を散らかしっぱなしにするなどの「ダメなことをしてもOKというご褒美」は使わないようにと言っています。実際、部屋をきちんと片付けていると、落ち込んでいても気分が良くなることがあります。落ち込んだ気分ごと捨ててしまいましょう!

失恋の後は...掃除をすることで社交的になれる

掃除をすると、友だちを部屋に呼びたくなります。部屋でどんちゃん騒ぎをしたり、新しい風が吹いたりすると、すべてが輝いて見えませんか?

嫌な思い出を忘れるために好きなことをしようと思うかもしれませんが、最初に頭に浮かぶことが一番の薬になるとは限らないのです。

After a Breakup, Cleaning Can Heal | DIY Life

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

Photo by Francesco Rachello.
swiper-button-prev
swiper-button-next