特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windowsエクスプローラ起動時に開くフォルダを変更する方法

Windowsエクスプローラ起動時に開くフォルダを変更する方法

Windowsエクスプローラを起動すると、デフォルト設定ではライブラリフォルダが開きます。「ライブラリではなく違うフォルダを開けてほしい」という場合、これを簡単に変更できます

130305userfolder.jpg

「ライブラリを、ほかのどのフォルダよりも頻繁に使う」という人は珍しいですよね? そして、Windowsエクスプローラの設定により、繰り返し開かざるを得なくなっている人は多いのではないでしょうか。自分がメインで使っているフォルダが開いてくれれば、そこからすぐにDropboxなどの活用頻度の高いフォルダにアクセスできて便利です。気になるその設定方法は、下記のとおり。

1.タスクバーのWindowsエクスプローラアイコンを右クリック。そこからファイルエクスプローラを右クリックしてプロパティを選択します。

2.ターゲットからデフォルトでWindowsエクスプローラが表示するフォルダへのパス(例えば、筆者の場合は「F:\Users\Whitson」)などに変更します。


手順はこれだけ。これで、エクスプローラを立ち上げるたびにライブラリフォルダを眺める必要はなくなります。

マイコンピュータなどのフォルダにアクセスしたい場合、これはOSの一部であり、特定のパスを持たないフォルダなので、この方法では変更できません。マイコンピュータへのパスを設定したい場合は、How-To Geekによる「ロケーションのGUIDを使う方法」がオススメです。例えば、エクスプローラ起動時にマイコンピュータを開きたいなら、ターゲットを下記に変更します。

%SystemRoot%\explorer.exe /E,::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}

使いたいフォルダや場所のGUIDがわからない場合は、グーグル検索してみると、たいていの場合はすぐに見つかります。Win+Eでエクスプローラを開く設定にしている人は、残念ながらこのトリックは使えないのですが、デフォルトのアクションを変更する簡単な方法もあるので、気になった人は、そちらを試してみてください。

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next