特集
カテゴリー
タグ
メディア

過去の恥ずかしいツイートを検索されないようにする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
過去の恥ずかしいツイートを検索されないようにする方法

自分のTwitterアカウントのツイートが、ときどきGoogleの検索結果の上位に表示されて、驚くことがあります。

自分のツイートをあまり多くの人に見られたくないという場合は、TwitterのヘルプセンターにGoogleの検索結果でツイートが表示されないようにする方法が載っています。自分のTwitterアカウントがGoogleの検索結果で表示されないようにするには、プロフィール設定で自分の名前を変更するか、ツイートを非公開にするのが最善の方法です。

ただ、ツイートを非公開設定にしても、設定を変更する前に投稿したツイートはすべて、一般公開されているGoogleやその他の検索エンジンのキャッシュに残っています。

それでは、すでに削除したはずのツイートがGoogleの検索結果に表示されてしまう場合、表示されないようにするにはどうすればいいのでしょうか? Twitterでは、Googleに情報の削除リクエストをするようにすすめています。

  1. サイトから削除したいURLをコピーします(すでにツイートを削除している場合は、Googleの検索結果のURLにします)
  2. Googleのコンテンツの削除ページに行きます
  3. 1でコピーしたTwitterのURLを貼付けて、リクエストを送信します

Googleは指定したURLのキャッシュをかなり早急に削除してくれますので、これでGoogleの検索結果にあなたのツイートが表示されることはなくなるでしょう。例えば、就職面接の前などに自分の検索結果をクリーンにしておきたい場合など、かなり使える方法なので覚えておくといいと思います。

Twitterのヘルプセンターには、他にも検索エンジンから自分のTwitterアカウントを隠す方法がいくつか載っていますので、インターネット上から自分の恥ずかしい情報を一掃したいという人は、チェックしてみてください。

Why is My Twitter Profile in Google Search? | Twitter Help Center via Mashable

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next