特集
カテゴリー
タグ
メディア

不安な短縮URLでも、カーソルオンで元のURLを表示してくれるChrome拡張機能

  • カテゴリー:
  • TOOL
不安な短縮URLでも、カーソルオンで元のURLを表示してくれるChrome拡張機能

先日、Twitter上でブラクラURLを含む投稿が拡散されているというニュースが報じられました。トレンドマイクロのセキュリティブログでも、この被害について触れられています(参考記事)。同ブログでは、不正なURLとして「hxxp://wi<省略>rr.in/real.alaertstorm.html」が取り上げられており、怪しいURLは安易にクリックしないように注意喚起されています。

しかし、実際のTwitter上では「http://bit.ly/~」と短縮URLで表示されるため、一見しただけではブラクラURLと通常のURLを見分けるのは難しいです。そこで、これらを見分ける何らかのツールが必要となります。以下で、短縮URLにカーソルを合わせるとオリジナルのURLを表示してくれるChrome拡張機能を紹介しますので、気になる方はぜひ導入を検討してみてください。ここで取り上げる拡張機能『LinkPeelr』は、こちらのページからダウンロードできます。

130327linkpeelr1.jpg

通常Twitter上では、このように短縮されたURLが表示されます。

130327linkpeelr2.jpg

LinkPeelrをダウンロードした状態で短縮URLにカーソルを合わせると、このようにオリジナルのURLが表示されるようになります

クリック前にオリジナルURLが表示されるため、万が一ブラクラURLが含まれるツイートが流れてきたとしても、クリックする前にそのURLが危険なものかどうか把握できます。これはTwitterに限らず、オンライン上のあらゆるクリック詐欺を回避するためにも使えそうです

LinkPeelr

安齋慎平

swiper-button-prev
swiper-button-next