特集
カテゴリー
タグ
メディア

目的意識を共有するために、何かを始める前にすべき「ある質問」とは

目的意識を共有するために、何かを始める前にすべき「ある質問」とは

自分と誰かとの会話が上手くいったかどうか考えたことがありますか? コンサルティング会社「The David Allen Company」のCEOであるMike Williams氏は、考えるべきと言っています。

ビジネスメディア「Inc」のインタビューでWilliams氏は、会話でも他のものでも、何かを始める時にすべき大事なことについて語っていました。

何かを始める前にある質問を投げかけると、それからやることが驚くほど生産的になります。その質問は「この会議、仕事、プロジェクトや会話で得られる、一番大きな成果は何だろう?」というものです。成果はどんなものでも構いません。この質問を事前にしておくことで、相手と共同で成果を作り上げやすくなります。あなたが何をしたいのか、実際にどういうことをやろうとしているのか、誰にでも分かるようになるのです。

Williams氏のいう「成果」は目的を明らかできれば、手に取れるものでなくても構いません。自己中心的なように聞こえるかもしれませんが、仲間と強い目的意識を共有するための手段なのです。普段から無駄な会話や会議が多いのが気がかりな人は、試してみてはいかがでしょうか。

Best Way to Start, Well, Anything|Inc.

Joshua Rivera(原文/訳:的野裕子)

Photo by Center for Teaching Vanderbilt University
swiper-button-prev
swiper-button-next