特集
カテゴリー
タグ
メディア

花見ごはんをハック! 「コーヒーステーキ」など試したらおいしかったレシピ

花見ごはんをハック! 「コーヒーステーキ」など試したらおいしかったレシピ

コーヒーステーキ焼くよ!

花見といえば、桜の木の下で食べる「ごはん」も楽しみのひとつ。出来合いを買うのもよいですが、自分たちで食べたいものを作るのもオツですね。昨日、陽気につられて花見へ出かけたライフハッカー編集部。せっかくですから、これまでに記事で紹介したレシピから、気になるものを試してみることにしました。

会社のキッチンにフライパンやオーブントースター、カセットコンロなどを持ち込んで、せっせと作りました。ちょっとした工夫でいつものメニューをおいしくできるアイデアたちです。今度のお花見にも、毎日のお弁当にも、気になるものがあればどうぞ!

ライフハッカーのイチオシ「男のBELTサンド」

BLTサンドイッチ

今回のお花見で、編集部の男ゴコロをガッツリ掴んでくれたのが、このBLTサンドイッチ。ベーコンをカゴや織物のように格子状に編み込んでから、オーブントースターで焼くのです。これならどこからかじってもベーコンにたどり着ける上に、噛んだ時にベーコンだけズルリと外れてしまうこともありません。結果的にベーコンたっぷりなサンドイッチになるので、味わいもパワフル。

スクランブルエッグ

さらに、「低温ゆっくり調理法」でつくったスクランブルエッグを添えてランクアップ。サンドイッチに乗せて、一緒に頬張ると幸せです。スクランブルエッグは、牛乳と塩コショウを加えた卵液を、湯煎で温めて作るのがコツ。これなら「炒り玉子」のごとく固まることもなく、失敗も少ないでしょう。かきまぜるのに少し根気がいりますが、ホテルの朝食に出てくるような、トロッとやわらかな逸品ができました。

安い肉ほどうまくなる「コーヒーステーキ」

スーパーで買ってきたアメリカ産のステーキ肉

スーパーで買ってきたアメリカ産のステーキ肉。

肉をコーヒーに漬けます。

はい、コーヒーに漬けます。焼く1時間ほど前からステーキ肉をコーヒーに漬けておくと、肉が柔らかく香りよく仕上がるのだとか。味の予想ができないながら、信じて漬けこみます。ついでに、お買い得品だったウインナーも、切り込みを入れてから、一緒に仕込んでみました。

フライパンで焼いて食べ比べてみました。コーヒーに漬け込んだステーキは、焼いている最中から香ばしさがあり、焼き色もきれいに付きました。肝心の味、これがイケる! 生臭さが抑えられ、少しスモーキーな香りもあり、いくらか柔らかさが増したように感じました。おそらく、脂の旨味も含めて楽しむ霜降り肉より、今回のような赤身肉に向いているワザだと思います。

また、ステーキはもちろん、ウインナーが大好評。おいしさも引き立ちましたが、薫香をつけたような仕上がりに。特売ウインナーが買えたときはお試しあれ。ビールのお供にピッタリです。

今回試せなかったアイデアをはじめ、ライフハッカーではさまざまなレシピを紹介してきました。例えば、花見に合いそうなものとして、以下はいかがでしょう。

...なんだか肉 or 酒というラインナップとなってしまい恐縮ですが、どれも場を少し楽しくしてくれるアイデアではないかと思います。楽しい時間に、これらのアイデアが役立てばうれしいです。

幹事さんは、「花見のときに最低限あるべき持ち物10選」もお忘れなく。

長谷川賢人

swiper-button-prev
swiper-button-next