特集
カテゴリー
タグ
メディア

本日から交通系ICカードの全国相互利用サービスが始まります!

本日から交通系ICカードの全国相互利用サービスが始まります!

以前にもお伝えしたように、本日2013年3月23日より、全国の鉄道系ICカード乗車券の相互利用サービスが開始されます

これまでは、いつもSuicaを使っていても、関西方面へ旅行した時にはICOCAを使う...と事業者ごとに分けなくてはなりませんでした。今後はどれか1枚あれば、各地域の電車やバスを利用できるようになります。

相互利用できるようになる交通系ICカード

・Kitaca(JR北海道)

・PASMO(株式会社パスモ)

・Suica(JR東日本)

・manaca(名古屋市交通局)

・TOICA(JR東海)

・PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)

・ICOCA(JR西日本)

・はやかけん(福岡市交通局)

・nimoca(株式会社ニモカ)

・SUGOCA(JR九州)

注意:エリアをまたがっての利用はできない

意外に落とし穴となりそうのが、エリアをまたがっての利用ができないことです(首都圏の「Suica」と「PASMO」、九州の「SUGOCA」と「はやかけん」の一部相互直通区間は除く)。こちらは「ITmediaニュース」の説明が端的だったので、以下に引用します。

従来の相互利用と同様、基本的にはエリアをまたいだ利用はできない。問題になるのはJRの場合だ。東海道本線は東京~熱海がSuicaエリアで、熱海から西の函南~関ヶ原はTOICAエリア。エリアをまたいで利用はできないため、同線で東京から熱海より西に行く場合はSuicaが使えない。横浜からSuicaで乗車し、名古屋駅でSuicaで下車するといったことはできない。

これは以前と同様ですが、他エリアで利用する際はオートチャージできないのも注意。「設定しているから大丈夫」なんて残額不足でタッチすると、トビラが閉まってしまいます。また、関西エリアで使用されている「PiTaPa」は電子マネー相互利用サービス対象外。PiTaPaユーザーはちょっと残念でしょうか。

交通系ICカード 相互利用記念Suica

相互利用開始を記念した限定ICカードも販売されるようです。上の画像は記念「Suica」ですが、Kitaca、TOICA、manacaなど、カラーやロゴ違いで一斉に本日朝より発売されるようです。販売場所は決まっているようですので、欲しい方は下記のプレスリリース一覧から、お目当てのカードをチェックしてみてください。個人的にはグリーンのkitacaがカワイイかなと思います。

相互利用記念ICカード プレスリリース一覧

・kitaca/プレスリリース(PDF)

・Suica/プレスリリース(PDF)

・manaca/プレスリリース(PDF)

・TOICA/プレスリリース(PDF)

・ICOCA/プレスリリース(PDF)

・nimoca/プレスリリース(PDF)

・SUGOCA/プレスリリース(PDF)

相互利用の開始は、利便性はもちろんのこと、クレジットカードチャージでポイントが貯まる「モバイルSuica」ユーザーの私にとっては、ちょっとうれしいサービスでもあります。旅先で絶対に使う交通費もポイントゲットのチャンスになるからです。同様に、クレジットカードチャージ付きのICカードは全国各社が提供していますが、今後は「地域」でなくて「サービス」で選ぶのもアリかもしれませんね。

長谷川賢人

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next