特集
カテゴリー
タグ
メディア

400秒のスーパープレゼンイベント「PechaKucha Night」とは

cafeglobe

400秒のスーパープレゼンイベント「PechaKucha Night」とは
20秒ごとに変わる20枚のスライドを使った400秒のプレゼンテーション・スタイル。これが「PechaKucha Night」というイベントの基本ルールです。東京を拠点に活動している建築デザイナー、クライン氏(写真右)とダイサム氏(写真左)による企画で、2003年にスタート。今では世界600を超える都市で「PechaKucha Night」のイベントが行われています。クリエイターが自分の作品や活動についてプレゼンする、ということが多いようですが、テーマの制限も参加者の条件もなし。旅の思い出や日常生活で発見したことを語る、といったプレゼンでもいいようです。建築家たちは話し出すと長くなるから、このフォーマットを考えた、というのが20枚×20秒の始まりだとか。

「PechaKucha」というのは、日本語の「ぺちゃくちゃ」に由来するもの。見ているほうもビール片手にプレゼンを見ながらぺちゃくちゃしゃべって楽しもうよ、という趣旨なのだそう。

130301pkn02.jpg

下記リンク先の記事では、2月にちょうど10周年、東京では100回目を迎えた「PechaKucha Night」の様子がレポートされています。

ハッピーでエキサイティングな400秒のプレゼン・バトル! 東京発・世界600都市に拡大中のイベント「ペチャクチャナイト PechaKucha Night」|cafeglobe

swiper-button-prev
swiper-button-next