特集
カテゴリー
タグ
メディア

常にブラウザ上に複数のソーシャルボタンを追加する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
常にブラウザ上に複数のソーシャルボタンを追加する方法

ライフハッカーの各記事にはソーシャルボタンが設置されており、Facebook、Twitter、Google 、Pinterestなど、ほとんどのSNSに共有できます。しかし、世の中のサイトにはソーシャルボタン自体が設置されていないページもあり、記事を共有したい時にひと苦労。わざわざ別タブで各SNSのページを立ち上げなくてはなりません。SNSごとにブックマークレットが用意されていますが、それぞれをブックマークバーに登録するとバー自体のスペースが狭くなってしまいます。できればSNSボタンがひとまとめになったブックマークレットが欲しいところです。

今回紹介する『ソーシャルてんこ盛り1.3』は、以前にライフハッカーでも紹介したツールの最新バージョン。前回(1.2)のものに比べウィンドウが縦に長くなっただけでなく、Pinterest、Pocket、LINEの共有ボタンが新たに追加されています。

130223socialbutton1.jpg

また、前バージョンのものはツイートされているものを一覧表示するだけでしたが、今回は「はてなブックマーク」、「Facebook」、「Google+」の一覧も表示可能。各々の切り替えはタブで行います。もちろん、FacebookやGoogle+で表示される投稿は「一般公開」されているものだけです。

このブックマークレットの動作環境ですが、開発者のブログによれば、対応ブラウザはChrome、Safari、 Firefoxとのこと。IEを使っている人は、前バージョンを使ったほうがいいかもしれません。

■ブックマークレットの作り方

130223socialbutton2.jpg

ブラウザにこのブックマークレットを登録する方法は簡単。こちらのジェネレーターを使って色を指定して、「ブックマークバーにドラッグ!」するだけです。

130223socialbutton3.jpg

あとは、このブックマークレットをクリックすれば、いつでもどんなページでもソーシャルボタンを表示させられます。

(番外編)あのサイトのソーシャル数はどのくらい?

試しに、Yahoo!Japanのトップページで、このブックマークレットを起動してみました。

130223socialbutton4.jpg

さすが老舗ポータル。表示される数も桁違いです。まあ、トップページなので大半はスパム的なものなんでしょうけど...。

このブックマークレットを使えば、トップページおよび個別ページそれぞれの拡散された数(拡散値とでも言いましょうか)を調べられます。サイトによっては、トップページよりも個別ページのほうが拡散値が多いという逆転現象を起こしているところもあります。個々のページのほうがトップページよりもクローズアップされるという、現在のウェブのトレンドを読み取るなんてこともできるわけです。

開発秘話など、ブックマークレットの機能以外のことは、以下の開発者ブログに詳しく書いてあります。

複数のSNSをギュギュっと詰め込んだソーシャルてんこ盛りの1.3! | actyway

(安齋慎平)

swiper-button-prev
swiper-button-next