特集
カテゴリー
タグ
メディア

自宅にある危険物から子どもを守る...シンプルな「ワイヤートラップ」をDIY

自宅にある危険物から子どもを守る...シンプルな「ワイヤートラップ」をDIY

高価なお酒のコレクション、薬品や工具、燃料などの危険物を収納した棚など、子どもに触れさせたくないものはどの家庭にも必ずあると思います。

さて、侵入者がワイヤーに引っかかることで作動する「ワイヤートラップ」。爆発物の仕掛けとして最も知られている手法ですが、今回はそれを応用したDIYを紹介します。自宅にある危険物から子どもたちを守る手段として、ワイヤートラップを使うのです。

DIYサイト「Instructables」のユーザーで、電子工学技術者のEngineeringShockさんが、手頃な値段で、安全かつシンプルに作成できるワイヤートラップをデザインしました。用意するのは、DC圧電ブザーまたはサイレン、10キロオームのレジスタ(抵抗器)、NPN型トランジスター、「みの虫クリップ」2本、単3電池4本、バッテリーケース、そして極細のワイヤー。ワイヤーは仕掛けの引き金として使うため、遠目からでは見えにくいくらいの細さがベストです。今回、EngineeringShockさんは、極細のマグネットワイヤーを使用しました。

作るのには半田ゴテが必要になるので、このような作業に慣れていない人には多少の出費と手間がかかるかもしれません。しかし、大まかな配置は冒頭の動画でも確認できますし、完全な配線図も下記のリンクにあります。

Extremely Easy and Safe Trip Wire! | Instructables

David Galloway(原文/訳:宮川洋子)

swiper-button-prev
swiper-button-next