特集
カテゴリー
タグ
メディア

TwitterのDMは(間に合えば)送信後でも取り消せる

TwitterのDMは(間に合えば)送信後でも取り消せる

メールやメッセージを送ったあとに、送らなければよかったと後悔することがあります。しかし、もしそれがTwitterのDMであれば、送信後でも取り消し可能です。また、Gmailの送信取り消し機能と違って、送信ボタンを押してからほんの数秒の間に決断を迫られるようなものではありません。やり方は簡単。削除をするだけです。該当するDMの横にあるゴミ箱アイコンをクリックすると、そのメッセージは自分の送信箱からだけでなく、相手の受信箱からも削除されます。ほとんどのTwitterアプリやクライアントの削除機能でも同様です。

すでにそのメッセージを相手が開いてしまっていたり、DMが届いた時に通知やメールを送るよう設定していたりですと、この方法は通用しません。しかし試してみる価値はありですね。

How to unsend Twitter direct messages |CNET via Consumerist

Shep McAllister(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next