特集
カテゴリー
タグ
メディア

食事デートでの完全勝利にはお店スタッフとの連携が鍵!? 4つのポイント

食事デートでの完全勝利にはお店スタッフとの連携が鍵!? 4つのポイント

グルメスチュワートの浅田です。みなさん、先週のバレンタインデーはいかがでしたでしょうか? チョコレートを頂いた男性は、そろそろホワイトデーのお返しを意識する時期かも知れませんね。

ホワイトデーのお返しに、レストランでの食事に誘う男性も多いと思います。今回は、レストランでのデートを120%楽しむ方法をお教えします。

これまで勤めてきたパーク・ハイアット東京、ニューヨークグリルやジランドールなど国内外の高級ホテル/レストランでの15年間の経験からすると、レストランでのデートのポイントは、いかにレストランスタッフを味方につけるかが重要です。レストランスタッフに対する印象が良いと、お連れになっている女性からの高感度も上がります。また、サービスの質が上がることも多いので、次のポイントをぜひ試してみてください。

1.応対の中で

レストランのスタッフも「プロ」とはいえ、やはり「人」。お客様の言動には非常に敏感です。人に対する充分な礼儀をもって応対していただけると、自然とお客さんのテーブルに入る回数も増えますし、サービスの質も上がる事が多いです。

2.電話予約でひと言

意外と知られていないのが、お電話でのご予約のしかたです。日時を伝えるだけでなく、席の希望を遠慮せずに伝えることが重要です。女性となら窓側でしたり、ビジネスなら静かな端のお席などをご希望頂くと、レストランスタッフははあらかじめご利用のシチュエーションを把握できますし、目的に合った接客を行うことができます。

3.服より靴に気をつけて

高級レストランとなると、服装を気にされる方は多いと思いますが、服装に関しては基本に忠実した服装であれば問題ないです。それよりも、靴を磨くのは忘れないで下さい。レストラン、ホテルのスタッフは、靴でお客様自身を判断することが多いです。

4.レディファーストは相手のためならず

日本ではまだ、海外ほどに徹底されていないレディファーストですが、ぜひ心がけて下さい。レストランスタッフは、レディファーストを自然にされているお客様のことをレストラン使いに慣れている方だと判断して、接客態度に細心の注意を払います。会った瞬間から意識するのがポイントで、エレベーターの乗り降りもレストラン内にご案内するのも、女性を先に通してみて下さい。もちろんお相手の女性の気分もよくなりますので、一石二鳥以上の効果が生まれると思います。

人は不思議と楽しい空気のあるところに集まりますし、空気が重いところを無意識に避ける傾向があります。レストランも同じ。程よくエンターテナーであることを心がけていただくと、より一層デートを楽しめると思いますよ。

浅田資継

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next