特集
カテゴリー
タグ
メディア

問題解決には「締切」がもってこい

問題解決には「締切」がもってこい

締切」が好きな人はそう多くはないでしょう。しかし、仕事を終わらせるのに欠かせない大事なものでもあります。長寿番組『怪しい伝説(MythBusters)』のアダム・サヴェッジ(Adam Savage)氏が「Wired」のコラムで、締切は最も重要な仕事ツールだと述べています。締切がないとき、人は何でも先延ばしにする傾向にあります。時間に余裕があって、無理に完遂する必要がなくなるので、何もしなくなります。サヴェッジ氏は、締切のおかげで、革新的に問題を解決できると言っています。

ウェブ上の掲示板をざっと見ると、プロジェクトには2種類あることがわかります。延々と一貫性のない不定期な更新が続くもの。そして、締切に向けて脇目も振らず進むものです。前者は物事を秩序立てて明らかにしなければ解決できません。しかし後者は、シンプルに「締切」を考えるだけで解決可能。時間がかかるプロセスなど、余分なものが排除されているからです。

用意周到に準備をするのも大事ですが、「締切」を決めてどんどん進めてしまう方が良い時もあります。仕事のはかどり具合にびっくりするかもしれません。

Under the Gun: When Less Time Can Mean Better Problem-Solving | Wired

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by SquiffyEye.
swiper-button-prev
swiper-button-next