特集
カテゴリー
タグ
メディア

節約に直結!「無駄にした食べ物記録」をつけよう

節約に直結!「無駄にした食べ物記録」をつけよう

スーパーやコンビニで、ついつい食べ物を買いすぎてしまうことがあります。身に覚えがありすぎる...という人もいるかもしれません。残念ながら、ほとんどの食べ物には賞味期限があります。食べきれない場合は無駄になるだけでなく、結局お金も浪費しているのです。

そんなことはしょっちゅうだという人は、ヘルシー系ブログ「Greatist」に載っていた、1週間で無駄にした食べ物記録を付けるのを試した方がいいかもしれません。記録を付ける目的は2つあります。1つ目は、実際に食べているものは何かを知って無駄買いを防ぐこと。2つ目は、どのくらいの量の食べ物を、どのような頻度で食べているかを知って、冷凍保存するのにいいタイミングを見つけること

記録を付ける時は、無駄にした食べ物を捨てる度にすべて書き留めます。毎週食パン半分を捨てているとしたら、食パンを買ってきた時に半分は冷凍保存した方がいいかもしれません。そうすれば、固くなってしまったから食べられないというようなことがなくなります。

食べ物を無駄に捨てるなんて、当然どうにかして止めた方がいいでしょう。そのために、まずは自分が何をどれくらい食べているのか、きちんと把握する必要があります。無駄にした食べ物記録を1~2週間付けてみるのは、かなり簡単で役に立つ方法では。

以下のリンク先には、他にも食べ物を無駄にしないためのTIPSがいくつも載っています。英文ですが、参考にしてみてください。

29 Smart and Easy Tips to Reduce Food Waste | Greatist

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by SteveR-.
swiper-button-prev
swiper-button-next