特集
カテゴリー
タグ
メディア

散らかったタスクバーのための3つの整理術

散らかったタスクバーのための3つの整理術

Windows 8になりスタートメニューがなくなりました。とは言え、タスクバーでアプリの管理ができるので、特に問題はありません。そんなタスクバーを整理してよりパワフルに使えるようにするハックを3つ紹介します。

以前紹介したキーボードショートカットやジャンプリストレジストリハックなどに加え、ぜひ参考にしてみてください。セパレータを追加してタスクバースペースをグループ分け

130124_taskbar01.jpg

タスクバー上のスペースをグループごとに分けておきたいなら、以前に紹介したこの方法を駆使すれば可能です。偽EXEファイルへのショートカットを作成し、それに透明なアイコンを付与、タスクバーに追加すればよいのです。ゲームをオフィス関連と分ける。また、すぐに起動できるアプリケーションと時間がかかるものを分けることで効率的に作業にとりかかれます。

とある読者がこのハックを基にさらにアップグレードさせる方法を教えてくれました。透明なアイコンをGIMPなどのイメージエディターで編集し、WORKやWEB、GAMEなどカテゴリー名を書き込めばさらに整理された感じに仕上がります(画像参照)。

Binsを使ってアプリケーションをまとめて収納

130124_taskbar02.jpg

スペースが足りない、という場合、『Bins』という有償アプリケーション(米5ドル)がパーフェクトです。Binsを使うと一つのタスクバースクエアに複数のショートカットを収納することが可能になります。マウスオーバーすると拡張され、そこから必要なショートカットを選択できます。マウスオーバーせずにクリックするとビンの中にある一番目に登録されているアプリケーションが開きます。前述のセパレータはカテゴリー分けを行うには最適でした。Binsは使用頻度が少ないが、クイックアクセスできるようにしておきたいアプリケーションの収納にぴったりです。音楽関連のショートカットを入れたビンの一番目に音楽プレーヤーを登録すれば、ビンの角をクリックすることで瞬時に起動できます。他のショートカット(例えばSpotify)を起動させたい場合、ビンを拡張させ、選択。スタートメニューを使わずアプリケーションの起動が可能です。ちなみにBinsにも空白セパレータ作成機能があるのですが、米Lifehackerとしては前述のテキストベースセパレータがお気に入りだそう。

フォルダやドキュメントを追加

130124_taskbar03.jpg

アプリケーション以外のアイテム(フォルダやドキュメント)もタスクバー内でアクセスできるようにしましょう。すでにジャンプリストでアイテムをタスクバーへ追加できますが、メニューの中に埋もれてしまいがちです。ここで紹介するハックを使えばメニューからアイテムを取り出し、メインタスクバーに配置できます。より簡単にアクセスできるようになるのです。

やり方は簡単。テキストファイルなどのダミーファイルを作成。ファイルの拡張子をEXEに変更します。そのファイルをタスクバーへドラッグして、タスクバーエントリーを作成。マウスオーバーし、ジャンプリストでファイル名を右クリックし、プロパティから指定したいファイルやフォルダへのパス名を入力(アイコンの変更も可能です)。作ったアイコンをクリックするとプロパティで指定したファイルやフォルダが立ち上がります。便利なのでつい頻繁に使ってしまいそうですが、やりすぎるとスペースがあっという間に埋まるのでご注意を。この作業の一部はBinsを使っても可能です。設定からタスクバーへファイルやフォルダを固定するオプションを探してみてください。

タスクバーのためのハックは他にもさまざまあります。この3つは特に編集部で愛用されているものです。本気でカスタマイズしたいのであればサードパーティー製のアプリケーションもありですが、アプリランチャーを使う、という手もなかなか有力ですね。見た目にこだわるなら、タスクバーアイコンのカスタマイズもお忘れなく!

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next