特集
カテゴリー
タグ
メディア

ただの紙を1000円でセキュリティツールに変える方法

ただの紙を1000円でセキュリティツールに変える方法

パスワードや暗証番号など大事な情報は、気軽に見える所に置いておきたいもの。ポストイットや名刺の裏に書きとめている人が多いというのも驚きではありません。ですが、冷静に考えてみると考えてみるとかなり危険な状態です。そんな時に便利なのがブラックライトペンとUV-LEDライト。この2つがあれば何の変哲もない紙が高セキュリテイになるのです。このハックはもともとサバイバル術に特化したウェブログ『Dirt Time』の記事のものです。自分のキャンプサイトに戻る道順を他の人に知られずに地図に書き込む方法として紹介されていました。ブラックライトペンで地図にルートを書きこめば、UV-LEDライトを持っている人にのみキャンプサイトの位置がわかるのです。

この方法は、大事な情報を管理したいときにも応用できます。うっかりパスワードを失念してしまった場合や事故などで自分に何か起こった場合に備えて、ブラックライトペンで『Last Pass』のパスワードが書いてあるメモを、金庫などに保存しておくと良いかも知れません。ただしUV-LEDライトを当てないと読めないということは、家族などに伝えておいた方が良さそうですね。

ブラックライトペンとUV-LEDライトは合わせて1000円前後で購入できます。非常に便利なのでお試しあれ!

Bug-Out Security with UV | Dirt Time

David Galloway(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next