特集
カテゴリー
タグ
メディア

体脂肪を燃やしたい時の運動は「激しく」ではなく「ゆっくりと」

体脂肪を燃やしたい時の運動は「激しく」ではなく「ゆっくりと」

運動やエクササイズに関する情報は世の中にあふれているだけに、間違っているものも多く、誤解されがちです。フィットネステクノロジーの会社「Digifit」が、有酸素運動に関する一部の「神話」について、答えを出してくれました。激しい運動はカロリーをより消費し、ゆっくりとした運動は体脂肪を燃やしやすいそうです

体脂肪を一番燃やすためにはゾーン2の範囲内(最大心拍数60〜69%)で、常に一定して運動をするのがよいそう。燃焼はゆっくりなので、このゾーン内だけが効果があります。したがって、長時間激しすぎない運動をすることで、炭水化物よりも体脂肪がより多く燃焼されるのです。最大心拍数が高いゾーンの方が、全体のカロリー消費量は多いかもしれません。しかし、ゾーン2の方が体脂肪燃焼にはたけています。

いずれにせよ、激し過ぎる運動を頻繁に行うのは、体にあまりよくありません。激しいトレーニングは、たまにするくらいの方がいいでしょう。リンク先(英語)では、他の神話も、いくつか解明されています。興味のある人はチェックしてみてください。

5 Heart Rate Training Myths | Digifit

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

Photo by Steve Garner
swiper-button-prev
swiper-button-next