特集
カテゴリー
タグ
メディア

手作りクッキーはよく寝かせるのがおいしさのコツ

手作りクッキーはよく寝かせるのがおいしさのコツ

せっかく作るなら、おいしいクッキーを作りたいですよね!

上手に作るポイントは冷蔵庫で生地をしっかり冷やすこと。Kathleen Purvisさんは特に急がないのであれば、少なくとも丸一日は冷蔵庫で休ませるようにアドバイスしています。「小麦粉、砂糖、バター、卵」で作られているならば、基本的に寝かせている間に水分が行き渡り、生地が均一になって落ち着きます。また、小麦粉に含まれている分解酵素がほどよく働き、生地の状態が良くなるそうです。炭水化物からブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)などの糖が生成されれば、甘みが増してきます。

つまり、寝かせることにより、生地の甘味やうま味をさらに引き出してくれるというわけです。よく知られているように、グルテンの「戻ろうとする力=弾性」が弱くなり、「のびのよさ=粘性」を高める効果も。

たまに休むことは、人間と同じように大切なんですね。これまでに生地が途中で切れたり、焼き縮みしたり...なんて失敗がある方は、ぜひ休ませてからチャレンジしてみてください。

Smart cookies: Refrigerating dough saves time and enhances the flavor, too | Ames Tribune

Melanie Pinola(原文/抄訳:kiki)

Photo by Alexi Ueltzen
swiper-button-prev
swiper-button-next