特集
カテゴリー
タグ
メディア

年末に取りそびれた汚れは「魔法の手袋」でひとさらい!

年末のうちに大掃除を終えられなかった人にオススメしたい掃除道具が、この「マジックハンズ」ゴム手袋とスポンジを合体させることで生まれた「手袋の形をしたスポンジ」なんです。

実際に使ってみて、良かったところをリストアップしてみました。1.手そのものがスポンジになるので、力を入れやすい

ブラシやスポンジ、雑巾などを手に持って使う場合、どうしても力を込めて洗いにくい箇所がありますが、マジックハンズなら比較的どこでも力強く洗えます。とはいえ、柄の長いブラシなどには敵わないと思うので、用途によって使い分けることをオススメします。

2.手のあらゆる部分が使えるので、大小さまざまなものが洗える

130109magic_hands_1.jpg

普通のブラシやスポンジだと、サイズや仕様によって使える場所が限定されてしまうこともありますよね。マジックハンズなら、手のひら全体を使って包み込んで洗うこともできるし、指先で細かい部分を洗うこともできます。ですが、指では奥まで届かないほど細長い筒状のものや高いところの掃除には、あまり向かないかもしれません。

3.手がほとんど荒れない

個人的には、これが一番うれしかったですね。年末に自宅の風呂掃除をしたあと、肌に優しい洗剤を使っていても多少は荒れてしまったので...。手首のあたりまでガードしてくれるので、水の浸入もまったくありませんでした。

4.想定用途が幅広い

キッチンやお風呂場などの空間からガラスやプラスチックの食器類車のエンジンルームにホイールまで、想定用途もなかなかの幅広さ。印刷面や塗装面、漆器や貴金属には使えないのでご注意を。

たとえば、茶渋やコーヒーのシミがこびり付いたマグカップなんて大好物。

130109magic_hands_2.jpg

使う洗剤の種類にもよると思いますが、短時間でストレスなくきれいに洗えました。

130109magic_hands_3.jpg

実際に使ってみての感想や、目からウロコの用途などあれば、ぜひコメント欄にお寄せください。

マジックハンズ|大作商事

(奥洋介)

swiper-button-prev
swiper-button-next