特集
カテゴリー
タグ
メディア

デジカメの最適パートナー!? 安くて使いやすい、斬新なデジカメケース

デジカメの最適パートナー!? 安くて使いやすい、斬新なデジカメケース

こんにちは。ココロ社です。

先日、棚からぼたもち式にコンパクトカメラのGR DIGITALを入手しました。久しぶりにカメラケースを買ってみようかなと思ってヨドバシカメラで探していたのですが、なかなか斬新なコンセプトのケース、オリンパスの「CSCH-106BLK」を発見&購入したので報告します。写真を見ただけだと「地味やな」「人工皮革がちょっと安っぽいかも」としか思わないこのケース、素晴らしい点は3つあります。

(1)「すぐ取り出せる」ことに特化している

長方形の一方が開いている袋状のデザイン。ファスナーやマジックテープは使っておらず、非常に取り出しやすいです。特に利便性が増すのは、電源ボタンから遠い方にストラップをつけた場合。取り出しながら電源を入れることが可能になるので、動作にまったく無駄がありません。

商品紹介で「マンハッタンの道並み(原文ママ)をモチーフにした型押しがアクセント」と書いてあって、マンハッタンか...と思ってしまいます。しかし、実際使ってみるとマンハッタンの街並みがゆるいすべり止めの機能を果たしており、マンハッタンええやんけ...という寛大な気持ちになれます

20130108cameracase02.JPG

(2)薄くて軽い

デジカメそのものの作りは意外に頑丈なものです。ものものしいケースで保護する必要はなく、カバンの中でほかの物に当たって傷つかない程度に保護されていれば十分です。このケースはわずか18グラムで、ケースに入れたあとの厚さも2ミリ程度しか増えません。十分な保護機能を持ちながら、薄くて軽いのです。

(3)安い

非常にシンプルな機構、だからなのか価格も安いです。他のケースに比べても圧倒的に安いです。ヨドバシカメラで買うと800円しませんでした。アマゾンだと700円(2013年1月8日時点)ですね。同じコンセプトの「CSCH-88 GRN」などもあって、デザインはそちらの方がよさそうですが、2000円以上するので要確認です。

付属のストラップが非常に安っぽいという難点もあるのですが、これもまた使いやすいので替えがたいです。

スマートフォンのカメラの性能がアップしたり、マイクロ一眼も各社からいろいろ登場していたりしている昨今、コンパクトデジタルカメラの立ち位置は難しいものになってきました。ただ、すぐ撮影状態に入れるケースなどの周辺環境を工夫すれば、「コンパクトでありながらそこそこいい写真が撮れる」という魅力をまだまだ満喫できるのではないかと思います。

ココロ社

swiper-button-prev
swiper-button-next