特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ひらめき」は、毎日の仕事の積み重ねから湧いてくる

「ひらめき」は、毎日の仕事の積み重ねから湧いてくる

「ひらめき」は、素人の考えること。本来、ただ仕事をしていれば湧いてくるものです。

これは、これまでの人生でいわゆるスランプに陥ったことがないという、画家のチャック・クロースさんの言葉です。「ただ仕事をしていれば、ひらめきは訪れる」というモットーは、クリエイティブな仕事をたくさん生み出したい人にとっては、特に心に響く言葉ではないでしょうか。

「Brain Pickings」に載っていたインタビューで、クロースさんは以下のように言っていました。

ひらめき」は、素人の考えること。本来、ただ仕事をしていれば湧いてくるものです。行動していれば生まれるし、仕事をしているなかで他の可能性も出てくる。ただ座っているだけでは夢のままで終わったであろう、これまでに開いたことのないような扉も、すばらしいアート(アイデア)を求めてさまようことで、開けることができるのです。

なにも毎日をイチからやり直す必要はありません。昨日やったことを今日、今日やったことを明日やる。その積み重ねがあればこそ、どこかに辿り着くことができるでしょう。

クロースさんの仕事に対する姿勢は、パブロ・ピカソの言葉を思い起こさせます。

ひらめきというものは存在するが、仕事をしなければ見つけられない

他にもクロースさんの仕事や創造性に関する言葉が読みたい人は、英語のみですが以下の「Brain Pickings」のページをどうぞ。

Chuck Close on Creativity, Work Ethic, and Problem-Solving vs. Problem-Creating | Brain Pickings

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next