特集
カテゴリー
タグ
メディア

機能とデザイン性を融合した音楽プレイヤー『Car Tunes Music Player』

機能とデザイン性を融合した音楽プレイヤー『Car Tunes Music Player』

こんにちは、傍島です。

いまの愛車は、カーオーディオにiPhoneと接続するインターフェースがないので、現役を引退したiPhone 4と、投げ売りになっていたFMトランスミッタ(シガーソケットへ設置するタイプ)を購入して、音楽を楽しんでいます。

iPhoneを手にして操作している時は気にならなかったのですが、FMトランスミッタのホルダーへ装着して標準の音楽プレイヤーアプリを操作すると普段よりも距離があり、慎重にボタンをタップしないと操作ミスをすることがあります。操作ミスをして別の曲が再生された時は、がっかりします。

こうしたミスが少なくなり、クルマで使うのに、ぴったりの音楽プレイヤーアプリがあるので、ご紹介します。

130107car_tunes_1.jpg

ご紹介するのは、『Car Tunes Music Player』という名前の有償アプリ(450円)で、App Storeから入手できます。

この音楽プレイヤーアプリは、フランス車のようにデザイン性と機能性が見事に融合しており、画面全体にジャケット写真が表示され、そこをジェスチャーで操作して使います。

130107car_tunes_2.jpg

ジェスチャーは、再生・停止・音量調節・選曲・シャッフルなどが行えます。例えば、タップで再生・一時停止、左右のスワイプで曲の切り替え。上の画像のように、長押して上下スワイプで音量調節といった具合です。操作対象が小さなボタンではなく、画面全体になるので、ジェスチャーさえ覚えてしまえば、操作ミスが少なくなるというワケです。また、音楽の再生中は、ジャケット写真と共に曲名がセンスよく表示されるので、iPhone 4のRetinaディスプレイをうまく活かすこともできます。

130107car_tunes_3.jpg

クルマだけではなくスピーカードックに接続した時も、このアプリが活躍してくれます。この場合もお気に入りの音楽とともに、すてきなジャケット写真が画面に表示されるので、音だけではなく、見た目にも彩りを与えてくれます。また、曲の再生中に下へスワイプするとツイート画面が現れます。

有償アプリですが価格分の価値はあります。気になる方はお試しください。

Car Tunes Music Player | iTunes App Store

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next