特集
カテゴリー
タグ
メディア

壊れたガラス製オーナメントは、粉々にすれば装い新たに復活

壊れたガラス製オーナメントは、粉々にすれば装い新たに復活

クリスマスが終わったら、すぐにお正月ですね。クリスマスツリーは年明け前に片付けることと思います。ツリーや装飾品をしまう際に、ガラスのオーナメントをうっかり壊してしまっても、捨てないで! それを利用して、新たなオーナメントを手作りしちゃいましょう。

記事冒頭の画像に載っている球形のオーナメント、よく見てみてください。キラキラときらめく粉くずの正体、実は壊れたオーナメントをたたき割ったかけらなのです。詳細は以下にあるリンクの「Grathio Labs」から画像付きの説明をご覧いただくとして、大まかな作り方は以下の通りです。

壊れてしまったガラス製オーナメントをジップロックなどの密封できる袋に入れて、袋の上からハンマーなどでたたきます。粉々になったオーナメントを袋から、内部を満遍なくのり付けした透明な飾り玉の中へ移します。移し替えるときは、紙をくるくるっと丸めたり、封筒やコーヒーフィルターの角を切り落としたりした「簡易漏斗」を使うと便利です。

その後は、飾り玉を軽く振り動かしながら、粉末状のオーナメントを全体に行き渡らせてください。粉の付き具合にムラがない方が見た目もきれいに仕上がります。接着剤が乾いて透明になったら出来上がりです。

世界にひとつしかないオーナメント、一層愛着がわくのではないでしょうか。

How To: Broken Glass Ornmanets Into New Ornaments | Grathio Labs via WonderHowTo

David Galloway(原文/抄訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next