特集
カテゴリー
タグ
メディア

カンマ・タブ区切りファイルを見やすく整理する『tableViewer』(SimpleStyle第135回)

カンマ・タブ区切りファイルを見やすく整理する『tableViewer』(SimpleStyle第135回)

SimpleStyleは、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフスタイルを紹介します。

Windows用: 『tableViewer』はカンマ、タブ、改行区切りのデータを表型に整理できるビューアーです。さまざまなテキスト系データを、簡易に表示して分析するときに最適です。

URLを書いてある場合、URLの書いてあるセルをクリックすると、そのURLを開くことができます。この機能を使うと、ブックマークの整理に使えます。■ より強力な分析ツールへ

少し前に、とてもシンプルなカンマ区切りファイルのビューアー、『csvViewer』を作りました。しばらく前からcsvViewerに手を加え始め、コアの部分を大幅に書き換えたのが今回のtableViewerです。

サンプルで追加したとおり、tableViewerは、カンマ、タブ、改行区切りのデータを表型に整理して表示できます

使い方と特徴

tableViewerのアイコン、またはウィンドウにファイルをドラッグするだけです。

ファイルがテキストで、区切り文字がタブ、カンマ、改行(項目間の区切りは改行ふたつ)であれば、それを読み取って、表に整形します。

2012_1211_1743_44.jpg

改良点と今後の目標

今回は、csvViewerではできていなかったさまざまな項目に対応しました。

  • 行単位でなくセル単位で選択可能にしました
  • 行ごとに表示カラーを分けました。グレーと白で、見やすさアップしています
  • 列のソートに対応しました
  • セル内改行のある表の表示にも対応しました
  • 「//」や「#」が先頭にある行をコメント行としてコメントアウトできます

URLを呼び出せるのも便利かもしれません。

今後の目標は下記の通りです。csvViewerを全面的に刷新してしまったので、以前できていたことができなかったりもするのですが、ベースは落ち着いたので、今後はこれをベースに次の機能を順次追加する予定です。

  • 単語の場合Google検索
  • ファイルのドラッグ&ドロップ時に、追記でなく別ウィンドウで表示
  • 編集機能(新規作成、変更、削除、保存)
  • 項目削除。縦にセルを削除する機能があるといい
  • セル単位でのペースト
  • ドラッグ&ドロップでセルのデータを移動(命令キー装飾でコピー)
  • ドラッグアウトで別ファイルに保存
  • 書式をそろえる機能(日付の桁数、誕生日の設定など)
  • 編集時にテンプレートを参照する機能(郵便番号辞書とか)

ご意見は、コメントやFacebook、Twitter、はてなをご利用ください。もうすこし操作性を練って、今後さらにバージョンアップを果たしたいと思っています。SmpleStyleのプログラミングの舞台裏をblogにしています。あわせてお楽しみください。

アイコンは『iconfinder.com』さんによるこちらを使用しました。

tableViewer

(美崎薫)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next