特集
カテゴリー
タグ
メディア

SafariからPocketなどにページを送るならブックマークレットが便利

  • カテゴリー:
  • TOOL
SafariからPocketなどにページを送るならブックマークレットが便利

iOS:iOS上でのSafariはアドオンに対応していないので、「あとで読む」系のサービスにウェブページを送信したい場合や、アマゾンの欲しいものリストにアイテムを追加したい場合、リンクをEvernoteに送りたい場合など、不便に思えてしまう瞬間があります。

ですが、これらのことはブックマークレットを使えばすべてできます。テクノロジーブログ「Digital Inspiration」には、iOSデバイスで使える最も便利なブックマークレットが多数紹介されています。ブックマークレットにはJavaScriptが使用されていて、あたかもアドオンのように機能します。通常のブックマークと同じ手順で、Safariへ登録していきます。多くの場合はウェブサービスから拾えるのですが、Digital Inspirationのリストを活用すれば、登録までの全ての作業がとても簡単に行えます。例えば、「あとで読む」サービスとしてPocketを使用している方であれば、Add to Pocketというブックマークレットをインストールすれば瞬時にPocketへページを追加できます。

やり方は下記の通り。

  1. Digital InspirationのブックマークレットマスターリストをSafariで開き、インストールしたいブックマークレットを選択します。
  2. URLバーの隣にある矢印ボタンをタップし、「ブックマーク」を選択。
  3. ブックマークボタンをタップし「編集」をタップ。
  4. 作成したばかりのブックマークをタップし、URLとJavaScriptの前にあるハッシュタグを削除します(ctrlq.org/ios?readability#、という部分です)。

これで作業は終了。ブックマークレットは設定が完了しているので、早速Safariから機能を使えます。PCでSafariを使っていて、同期機能を有効にしている方であればそこから追加もOKです。

試してみたい方はとりあえずDigital Inspirationのサイトのブックマークレットリストを参考に、はじめてみてください。

Useful Bookmarklets for your iPad and iPhone | Digital Inspiration

Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next