特集
カテゴリー
タグ
メディア

レモンやライムは切り込みを入れるだけでしぼり汁が飛び散らない

レモンやライムは切り込みを入れるだけでしぼり汁が飛び散らない

早速今日から、日本中の居酒屋でやってほしい

ライムやレモン、オレンジなどをカットしてギュッとしぼる時、果汁が飛び散ってしまったことはありませんか。料理情報サイト「CHOW」が、それを防ぐひと工夫を紹介していました。

記事冒頭の動画を見てもらえば一目瞭然ですが、方法は以下の通り。

121221citrus_wedges_2.jpg

1. レモンやライムをくし形切りにする。

2. 白い筋を断つように、中央あたりに切り込みを入れる。

3. 親指、中指、人差し指でつかんでしぼる。

動画を見ると、切り込みを入れたことで「キレイに折り曲がってしぼりやすい」というテクニックのよう。果汁を余すところなく使うために、今日からは包丁で少しばかりの心遣いを、ぜひ。


Alan Henry(原文/抄訳:長谷川賢人)

swiper-button-prev
swiper-button-next