特集
カテゴリー
タグ
メディア

防寒具としてヘッドホンを使うときの3つのポイント

防寒具としてヘッドホンを使うときの3つのポイント

こんにちは。ココロ社です。

一時に比べると、ヘッドホンらしいヘッドホンをしている人をあまり見かけなくなりましたね。音楽を聞く人が減ったというのもありますが、遮音性があり、コンパクトなカナル型のイヤホンに移行している人も多そうです。たしかにヘッドホンを持ち歩くのはそれなりに荷物なのですが、冬だけは話が別です。とても単純な話ですが、ヘッドホンは防寒具としてなかなか高性能。耳あての代わりになるのです。耳が冷たくていやだが、あえて耳だけのために防寒具を買うのはかったるいと思っている方にはおすすめです。

防寒のためのヘッドホンを買う場合、以下のポイントを押さえておくとイメージ通りの買い物ができます。

耳に当てるのではなく、耳を覆うものにする

耳の上にあてるだけのヘッドホンも多いのですが、耳を覆うタイプの大型のヘッドホンの方がはるかに暖かいです。耳当て部分ですが、起毛しているものだといいですが、人工皮革のものでもじゅうぶんに暖かいです。

側圧が高すぎないものにする

海外のモデルの場合、側圧が高すぎるものがあります。密閉されるので暖かいのですが、つけているうちに頭が痛くなってくる場合もあるので、締めつけが強すぎないものを試着して選ぶと失敗しません。

ポータブルでの使用を意識したモデルにする

大型のヘッドホンの一部は、持ち歩きを考慮していない物もあります。特にケーブルの形状にはご注意ください。3メートルもあると持て余してしまいます。そのほか、ピンジャックの形状が大きすぎて、つけているうちに外れやすくなるなどもあるので、価格.comなどで、ポータブルでの使用感などを参考にしてみるといいでしょう。

夏だとうざったいヘッドホンも、この季節だと、音楽を鳴らしていないときでも装着してしまうほどの暖かさです。ポータブルのイヤホンを検討されている方は、ヘッドホンも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ココロ社

swiper-button-prev
swiper-button-next