特集
カテゴリー
タグ
メディア

病気になったときいい医者に出会うために必要なこと

病気になったときいい医者に出会うために必要なこと
※本記事は米Lifehackerの翻訳記事です。アメリカでの医師探しのポイントが紹介されていますが、日本において参考になる部分もありそうです。

ライフハッカー編集部様

新しい病院を探していますが、選択肢があまりにも多く、どこへ行くべきか判断できません。いい病院選びの方法を教えてください。

PN:医師を求めて三千里(Looking for Dr. Feelgood)より

内科、専門医、歯医者などどのような分野においても、あなたに合った良い病院探しは大切です。しかし、残念ながら「5つ星の医者」は、電話番号や口コミを調べるように簡単に探せないのが現実です。『Health Grades』、『 Doctor Finder』、『RateMDs』などのように医療に特化したサイトはあるものの、当の医師たちはこれだけの評価で医師の技術を計ることはできない(参照:NY Times)と述べており、無駄な労力を使うだけに終わってしまうかもしれません。■ ニーズにあった医師を探すことから始めましょう

121216doctor01.jpeg
Photo by Francisco Seoane Perez.

時と場合により、医師から受けるべき助けも変化します。もし特別な医療ニーズがあれば、その分野において経験のある専門医を探すことが大前提です。Pamela F. Gallin医師はニューヨーク・タイムズのある記事でこう語っています。

例えば心臓疾患やリウマチがあったり、定期的な検診が必要だったりまたは病気や疾患を起こしそうな生活を送っていたり。そういった特別な医療ニーズもありうるでしょう。

内科医の中には心疾患やリウマチなどの他分野に対応できる医師もいますし、総合医として機能するプライマリ・ケア医のような医師もいます。彼らは信頼できる専門医のネットワークをもっているものです。

性格の合う医師を見つけましょう

121216doctor03.jpeg
Photo by Erich Ferdinand.

選択肢を絞り込むことができたら、次はどの医師があなたの性格に合うか決めていきましょう。患者と医師の関係性は、医師の技術の高さと同じくらい重要です。

気になる病院がウェブサイトをもっているなら、ぜひ見てみましょう。オフィスの写真や動画を見るだけでも病院や医師の雰囲気が伝わるかもしれません。「US Newsでは、電話で医師と話してみることをすすめています。

気になる医師に電話をかけ、不安に思っていることを相談して得られた印象は大きな判断材料になります。「多くの人は、情報を集めた結果1人の医師を見つけてそれで収まると思っているようです」と「Healthcare Research and Quality」取締役のCarolyn Clancyさんは語っています。「医師選びは最初の一歩にすぎません。医師と築く関係性こそが、大事なプロセスなのです」

例えば「治療方法を決めるのに、こちらの意見を取り入れてもらえるか」質問するのもひとつの方法です。その医師が患者の治療法を独断で行うか、人の意見を取り入れるのかなどの医師のスタイルを把握するためのヒントとなるでしょう。あなたの性格とニーズに合う医師とのめぐり合わせが一番大事ですが、短い会話だけでその医師が適切な対応をしてくれるかどうかも重要な判断基準になるでしょう。

自分の望む医師でを探すことは簡単ではありません。しかし、ちょっとしたポイントを意識することにより、理想の医師に近づくことができるのです。

それでは、ライフハッカーより愛をこめて。

How Can I Find a Good Doctor?|Thorin Klosowski

Thorin Klosowski(原文/訳:Rhyeh)

Photo by puruan (Shutterstock).
swiper-button-prev
swiper-button-next