特集
カテゴリー
タグ
メディア

制限されたコンテキストメニューを使えるブラウザ『rightbrowser』(SimpleStyle第133回)

制限されたコンテキストメニューを使えるブラウザ『rightbrowser』(SimpleStyle第133回)

SimpleStyleは、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフスタイルを紹介します。

Windows用:『rightbrowser』はいつでもコンテキストメニュー(右クリックで開くメニュー)を表示できるブラウザです。一般的にウェブをブラウジングしているときには、コンテキストメニューを使ってさまざまな操作を行うことができます。前のページに戻ったり、印刷したり、URLを確認したりできます。Web中の文字をキーワードに検索することもあります。それ以外にも、ウェブページのリンクをウィンドウで開くか、タブで開くか、プロパティを表示して見るかなど、細々したことを設定できます。

サイトによってはこのコンテキストメニューに制限を加えているものもあるのですが、それをいつでも自由に使えるようにしたブラウザが、Internet Explorerのエンジンを使用したrightbrowserです。■ 使い方

2012_1127_1504_49.jpg

rightbrowserは、単にURLを開くだけで動作します。ドラッグ&ドロップ、アイコンへのURLのドラッグなどでも動作するので、いつも使っているブラウザのサブとして使ってみてください。

ワンポイント

ご意見は、コメントやFacebook、Twitter、はてなをご利用ください。

なお、現時点までのテストではコンテキストメニューを表示できない例が一部あるようですが、とりあえずVer.0.1ということでご容赦を。引き続き、あらゆるシーンでコンテキストメニューを表示できるバージョンの開発を進めたいと思います。

SmpleStyleのプログラミングの舞台裏をblogにしています。 あわせてお楽しみください。

アイコンは『iconseeker.com』のArtua.comさんによるBrowserを使用しました。

rightbrowser

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next