特集
カテゴリー
タグ
メディア

絵筆型スタイラス「Sensu Brush」なら絵の具が尽きることなくお絵かきできる

  • カテゴリー:
  • TOOL
絵筆型スタイラス「Sensu Brush」なら絵の具が尽きることなくお絵かきできる

Sensu Brush」は、タブレットをはじめとしたタッチスクリーンデバイスで使える2つの機能を備えたスタイラス。キャップを取り外すと先端が絵筆のようになっており、記事冒頭の画像のように「絵筆型スタイラス」として使えるのが魅力です。キャップをしめれば、ラバーのペン型スタイラスとしても。

121212sensu_brush_2.jpg

やわらかな筆先は日本の化粧ブラシの技術に習い、毛先の長さや先端の細さを描画に最適になるよう調整してあるそう。導電性の繊維を含んでいるため、タブレットの表面に当ててもしっかりと反応します。

実際にペイントアプリを使ってSensu Brushを試してみました。美大出身の同僚に試し描き(という言い方もなんだか不思議ですが...)してもらうと、「筆のコシがしっかり感じられてイイ」とのコメント。同じようなペイントアプリを使うのでも、ラバーのペンタイプなのか、絵筆型のSensu Brushなのかで、使う側の感性に響いてくるポイントが異なるようで驚いていました。

また、こんな言葉もくれました。

「絵具が尽きることがない。それだけでも価値があると思う」

制約があるからこそ良い物が生まれるという考え方もあります。しかし、自分が好きなように、好きなだけ楽しめるのも大きなメリット。例えば小さなお子さんなら、服を汚す心配もなく、好きなだけ遊ばせてあげられるのですから。

Sensu Brushはスペックコンピュータなどが現在販売中。スペックコンピュータならば、直販サイトやAmazonより購入可能。秋葉原にある直販店「SPEC direct store」ならば、実物を手に取ることもできるそう。実際に試してみたい方は、足を運んでみてはいかがでしょう。

Sensu Brush for iPad | スペックコンピュータ株式会社

長谷川賢人

swiper-button-prev
swiper-button-next