特集
カテゴリー
タグ
メディア

20世紀を代表するデザイナー、イームズの言葉〜「すべては他のなにかにつながっている」

20世紀を代表するデザイナー、イームズの言葉〜「すべては他のなにかにつながっている」

新宿OZONEで開催されている「essential EAMES」に出かけてきました。チャールズとレイのイームズ夫妻といえば、ミッドセンチュリーデザインを代表するデザイナー。本展示では、来年1月15日までの会期間中、その貴重なアーカイブを見ることができます。

彼らが手がけたお馴染みのイスやその他の制作物、スケッチなどが並ぶなか、刺激を受けるメッセージを見つけました。

121210eames02.jpg

すべては他のなにかにつながっている
レイ・イームズ

結局、ひとでもアイデアでも物でも... あらゆるものにはつながりがある。どのように結びついているかによって、その価値が決まる

チャールズ・イームズ

後に夫婦となり創作意欲を刺激し合った二人のデザイナーの共同作業しかり、そのデザイナーとコラボレーションし多くの傑作を生み出した家具メーカー・ハーマンミラーとの出会いしかり。人の出会いはもちろん、暮らしの中での発見をデザインに活かし続けたイームズならではの言葉です。会場には彼らのスタジオの写真も多く展示されていました。笑顔があふれる明るい現場の空気には、新しい創作を支えるコミュニケーションが自然と生まれていたのだろうと想像もひろがります。

ちなみに、本展示にはイームズの孫であるイームズ・デミトロワも関わっています。ふたりの偉大なデザイナーについて彼が語っているTED動画もあるので、下記に貼り付けます。

開催場所は、リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿)。2013年1月15日(火)まで開催されています。詳細は以下のリンク先にて。

essential EAMES

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next