特集
カテゴリー
タグ
メディア

環境を記憶して自動でWi-Fi設定のオン/オフを切り替える『Smart Wi-Fi Toggler』

  • カテゴリー:
  • TOOL
環境を記憶して自動でWi-Fi設定のオン/オフを切り替える『Smart Wi-Fi Toggler』

スマホで通信量が気になる人は、Wi-Fiを使うことで節約することが多いと思います。

その場合、自宅やオフィスではWi-Fiをオンにし、出先では3G/4G回線を使用、というパターンがほとんどでしょう。しかし、この方法だとWi-Fiをオフに設定するのをうっかり忘れてしまうと、気がついたときにはバッテリーがかなり減っていた、というミスを犯してしまいがち。

そんな面倒を簡単に解決してくれるアプリが『Smart Wi-Fi Toggler』です。頻繁に使用するワイヤレスネットワークがどこにあるのかを自動的に記憶。その場所に到着したらWi-Fiをオンにし、それ以外の場所ではWi-Fiをオフにしておくことでバッテリーの消耗を防いでくれます。XDAフォーラムメンバーであるsebouh00氏は、上記の理由でバッテリーが減ることに悩んでいました。そしてこの問題を根本的に解決しようと試みた結果、生まれたのが『Smart Wi-Fi Toggler』です。インストールが終了したら、ほとんどの作業はアプリが自動でやってくれます。

登録してあるWi-Fiネットワークが検出された場合には自動でWi-Fiはオンに設定されます。しかもこれらのWi-Fiネットワークがどこの場所にあるのかを自動で記憶していくので、手動でプログラムに認識させる手間もかかりません。

Smart Wi-Fi Togglerと同様の機能はJuiceDefenderTaskerでも備えており、このアプリでないとできないというわけではないのですが、無料で使えるうえ、機能もシンプルなアプリのため使い勝手がよく優秀なツールです。

気になった方は試してみて下さい。

Smart Wi-Fi Toggler (無料) | Google Play via xda-developers

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next