特集
カテゴリー
タグ
メディア

画像トリミングが格段に楽になる!?『trimmingImage』(SimpleStyle第131回)

画像トリミングが格段に楽になる!?『trimmingImage』(SimpleStyle第131回)

この連載「SimpleStyle」では、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフスタイルを紹介します。

Windows用:『trimmingImage』は画像ファイルをドラッグ&ドロップし、トリミングしたい箇所を対角線で指定するだけで、トリミングファイルを作成して保存するソフト。画像から不要な部分を取り除く作業を、とても楽に行えます。

写真のいらない部分を削除したい

カメラ搭載型の携帯電話や各種機器の増加、それにデジタルカメラの普及で、カメラはとてもポピュラーな存在になっています。勢い、撮りためた写真は増えるのですが、いざなにかに使おうとするとき、いらないものが写っていて困るということもままあります。

そこで、簡単にトリミングしたいということになります。そのトリミングを、最小限の手間で行うソフトが、trimmingImageです。使い方は、以下の通りです。■ 使い方

trimmingImageは、アイコンかウィンドウに画像をドラッグし、トリミングしたい対象の対角線を左上から右下に指定するだけで、もう作業終了。

画像ファイルと同じフォルダに、画像ファイルのサイズ名をつけて、自動的に保存します。

2012_1113_1334_11.jpg

ワンポイント

まずは、対話的に操作する最小限の機能だけを実現しました。アイコンやバナーなどに使える複数の解像度を自動的に一括出力するバージョンや、固定サイズで出力するバージョンなども考えられますね。

ご意見は、コメントやFacebook、Twitter、はてなをご利用ください。また、SmpleStyleのプログラミングの舞台裏をblogにしています。あわせてお楽しみください。

アイコンは「iconseeker.com」のEveraldo Coelhoさんによるimageを使用しました。

trimmingImage

(美崎薫)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next