特集
カテゴリー
タグ
メディア

割れたガラスがクール! ~究極のデスクトップを求めて

割れたガラスがクール! ~究極のデスクトップを求めて

米ライフハッカー読者pretentiousquirk氏は豊富な情報量を持ち、かつちょっとクセのあるデスクトップを作成したいと考えていました。

そこで彼が完成させたのがこの見事なデスクトップ! しかもこのデスクトップの設定はポータブルなので、システムからシステムへの移動も楽々。常に慣れ親しんだパソコン環境で作業を行うことができます。Windowsシステムで今回と同じデスクトップを作成したい、という方は下記が必要です。

壁紙:Imgurより

Rainmeter:Windows用システム設定/管理ユティリティ

・割れたガラスの外見の作成はBroken Desktopオーバーレイスキンを使用

・右側にある縦長のモニターパネルにはRainmeterスキンForceX System Monitor 2を使用

・上部にある時間/日付の表示はRainmeter用SuperColossal Clockスキンを使用

・画面左にあるMiranda IM ClientはCList Nicer プラグイン(Extra Pluginsパックに含まれています)に完全に透明な背景を合わせています。

・Pretentiousquirk氏の説明によると黒い背景に対して読みやすいようにテキスト色も改良されているのだそうです。


それ以外の部分はWindows 7の標準設定となっています。あとは壁紙をより溶け込ませるために、色の濃度(個人設定> ウィンドウの色とデザインから変更可能)をゼロに設定しているくらいです。

また、以前ライフハッカーでも取り上げたことがあるClover File Explorerをデフォルトのエクスプローラウィンドウの代わりに使っています。

携帯性の部分では

自分の場合はWindowsをフォーマットしたり、違うパソコンで作業をしたり、ということが多いので、Miranda IMをDropboxから起動させることによって完全にポータブルにしています。またRainmeter設定もDropboxにバックアップされこれもポータブルに仕上がっています。初めて使うバソコンでもいつもと同じ環境、いつもと同じテーマおよび設定を数分で再現できるようにしてあるのです。

とのこと。

そして仕上がったこのデスクトップは見映え、機能性、そして携帯性もバッチリ。こんな感じで作りたい、という方はぜひRainmeterを駆使して挑戦してみてください。Rainmeterの使い方がいまいち分からない、と言う方はRainmeterガイドを使いましょう。

Pretentiousquirk氏はこのデスクトップ設定を米ライフハッカーのデスクトップフォーラムで共有してくれました。もし自分のデスクトップも共有してみたい、という方は、まずスクリーンショットをアップロードしてみてください。もしくは、コメントから教えて下さい。スクリーンショットや作り方の説明を掲載したページへのリンクもあればぜひ書き込んでください。

pretentiousquirk via #Featured-Desktop

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next