特集
カテゴリー
タグ
メディア

他人を判断する最も良い方法は、できるだけ早く相手の本性をさらけ出すこと

他人を判断する最も良い方法は、できるだけ早く相手の本性をさらけ出すこと

自分の第一印象をコントロールすることは、あなたが第一印象で相手を判断するのと同じくらい難しいことです。会話をしながら、お互いが相手に自分を印象づけようとし、相手を判断しようともしています。

社会心理学者のAmy Cuddyさんが「Wired」で、「相手を判断する最も良い方法は、できるだけ早く相手の本性をさらけ出すことだ」と言っています。人間誰しも、初対面の相手には少なからず「よそ行きの顔」をするものですし、相手をいくらか異質な存在として見ます。しかし、Cuddyさんは、相手がどのような人なのかをすぐに判断したいのであれば、できるだけ早く相手の本性を見抜いた方がいいと言っています。

相手がどんな人なのかを計るために、その人の本性をさらけ出したいと思うでしょう。人間は、相手を信用していないと素の自分でいられません。したがって、相手との関係で優位に立とうとすればするほど、相手はどんどん心を閉ざしてしまいますから、その人の情報を引き出すことは難しくなるでしょう。もしくは、あなたに対して身構えるようになったり、脅威を感じたりします。これでは自然な関係は築けません。信頼関係を築くには、まず自分が相手を信頼していることを見せなければならないと思います。この考え方には賛否両論あるかもしれませんが、本当です。

では、相手を信頼していることを見せるにはどうすればいいでしょうか? 何か質問をしたり、ちょっとした会話に参加したりというのも一つの方法です。

また、相手が興味のあることについて情報収集し、その情報を共有することでも、信頼関係を築けます。ちょっとした会話をするだけでも、相手との距離は大きく縮まります。交渉前に5分程度の世間話をすると、交渉で大きな成果を上げることができるという研究結果もあります。

結局、相手と信頼関係を築くには、仕事や社交の場でも自分が優位に立とうとするのではなく、「相手への信頼を見せる」というとてもシンプルなことに行き着きます。

以前紹介した「第一印象で好感を与え、それを長続きさせるコツ」との合わせ技にすれば、自分の印象を良くしながらも、第一印象での判断を見誤らなくなりそうです。

First Impressions: The Science of Meeting People | Wired

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by Slava.
swiper-button-prev
swiper-button-next