特集
カテゴリー
タグ
メディア

交渉では「相手に先に話をさせる」のが有利!

交渉では「相手に先に話をさせる」のが有利!

交渉の経験があまりない人にとって、交渉を成功に導くのはかなり大変です。

米フォーブス誌に、誰もが交渉上手になれる簡単なアイデアが載っていました。「自分の立場を有利にするために、最初に相手に話をさせる」、つまり、相手に対してよりいい返答をできるようにするためには、相手の手の内を先に見ればいいというわけです。相手に先に話を切り出してもらえば、相手の考えていることが分かります。

さらに、同誌には、話し合いをする時には相手に合わせるように進めるといいとあります。

いったん相手の言い分を聞いたら、別の日にミーティングを設けましょう。交渉の場を用意するのです。相手に最初に話させて、思いのたけを発散させます。そこから交渉に有利な価値ある情報を得ることができます。それで相手より少し有利な立場に立つことができます

そこから先は、基本的に次のように進めていきましょう。お互いが妥協できるポイントがどこにあるかを探り、互いに賛同できる目標を見つけるまで、探りながら話を続けるのです。

相手の話を聞く一方だと、細かい点まですべて相手に賛同できるわけではないと思います。しかし、自分の意見を通すために有利な立場をもらったのだと思って、できるだけお互いの意見が擦り合わせられそうなポイントを探りましょう。

Three Ways To Negotiate About Anything | Forbes

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next