特集
カテゴリー
タグ
メディア

ぴったりフィットで場所を取らないMacBook用インナーケース

ぴったりフィットで場所を取らないMacBook用インナーケース

おはようございます、傍島です。ノートパソコンを持ち歩いている皆さん、インナーケースはお使いでしょうか?

私は、都度の出し入れが億劫なのと、カバンの中で場所を取るので、インナーケースを使っていませんでした。しかし、愛用のMacBook Air 11インチが傷だらけになるのは、見ていられないので、いくつかのインナーケースを試しました。

現在愛用中のインナーケースはそうして見つけたもの。楽に出し入れできるうえに、すっきりとバックに収まるのでご紹介します。

ご紹介するインナーケースは、Cote&Cielの『Laptop Diver Sleeve for MacBook Air 11"』です。

このケースは、MacBook Airに隙間なくピッタリとフィットするので、カバンの中で場所を取りません。肝心の出し入れですが、ケースの口がゴムで伸び縮みするので、指で口を大きく広げて出し入れします。「靴下をはくよう」と表現すると、わかり易いかもしれませんが、慣れるとたやすいことです。

口がゴムで伸び縮みすると書いたように、ジッパーやボタンなどの金具が一切使われていません。金具があると、出し入れの時に傷が付かないかと気を遣いますが、このケースでは、その心配はありません。

ケースのカラーバリエーションは6種類です。私は仕事でも使う点と、アルミボディとのマッチングを考えて「Volcanic Ash」という濃いグレーを選択しました。デザインは飾り立てた所がなくシンプルで、どんな場所で出してもさりげなく使えます。腕時計のようだというと大袈裟かもしれませんが、私は実用品以上の愛着を持っています。

インナーケースを使ってノートパソコンを持ち運べば、それっぽいカバンでなくても持ち運ぶことができるので、持てるカバンの選択肢が広がるのもポイントです。価格は、4,000円前後と少々値が張りますが、その価値のある品といっていいでしょう。気になる方は、是非ともご検討下さい。

Cote&Ciel

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next