特集
カテゴリー
タグ
メディア

先手必勝!忘年会で食べ過ぎてしまったら、スパイスの力に頼ろう

MYLOHAS

近頃、忘年会のお誘いをいただくようになりました。忘年会は楽しいものですが、毎回つい食べ過ぎてしまい、後で後悔するというのを毎年繰り返すのは避けたいところ。

暴飲暴食を控えたり、運動をしたりするのが正統派の対策ですが、今年はそれらに加えて「スパイス」を摂りいれてみませんか?

女性向けサイト「MYLOHAS」によると、アメリカで人気のヨガやアーユルーヴェーダの専門サイト「vixi.com」で、太るのを防ぐ効果を期待できるスパイスが紹介されているそうです。その一部をご紹介しましょう。


  • 生姜
  • 日本でもおなじみの生姜には循環を活発にし、毒素を燃やす効果があります。ジュース、紅茶などに加えたり、野菜料理と一緒に摂りましょう。

  • シナモン
  • シナモンには、正常な血糖値を維持するために有効な抗酸化作用があります。デザート、紅茶、インド料理等で使いますが、ピクルスにも合うそうです。

  • カルダモン
  • 急激な食欲を抑え、味覚をリセットします。しかし、胃や消化管の粘膜を壊してしまうこともあるので、大量に摂取するのは控えましょう。スープやカレー、食後の紅茶に。

「MYLOHAS」では、上記の3種のスパイスを使った特製紅茶の作り方も併せて紹介しています。

【材料】

生姜:大さじ1(皮をむきみじん切り)

オレンジピール:小さじ1/2

シナモン:大さじ1(スティックを砕く)

カルダモンシーズ1:小さじ1/2

スペアミントの葉:小さじ1/4

スライスレモン:適量

蒸留水:2カップ

【作り方】

小さな鍋の中に水と生姜を入れ、沸騰寸前まであたためます。お湯が沸くのを待つ間に、レモン以外の材料をティーバッグに入れておきます。お湯が沸いたら、茶こしで生姜を取り除き、その中にティーバッグを入れ、2~4分間待ちます。飲めるくらいの温度になったら、レモンを絞り入れ、よく混ぜます。熱湯でレモンの酵素を破壊しないために、飲む直前に入れるのがポイントです。

生姜で体が温まり、ミントでリラックス効果も期待できるので、食べ過ぎてしまった日でなくとも飲みたいところ。冬の健康管理にスパイスを活用してみてはいかがでしょうか。

冬太りを防止! 食欲の秋に摂りたいスパイス9選 | MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next