特集
カテゴリー
タグ
メディア

人前で話すのが苦手な人は「内容」はもちろん「表情や声」を気に掛けて

人前で話すのが苦手な人は「内容」はもちろん「表情や声」を気に掛けて

声の感じだけで、ある程度の喜怒哀楽はわかります。通常より高い声で話している人をみると、怒っているように感じませんか。相手の声色を伺うことはあっても、案外、自分の声や話し方には無頓着なもの。

人間は相手の印象を表情やしぐさ、身だしなみ、声の質や口調といった、話の内容以外の部分で9割方を判断するという説(メラビアンの法則)が心理学にあるのをご存じの方も多いと思います。

話し方は、見た目と同じように第一印象を形成する大切な要素です。自分では意識していない話す時のクセや声のトーンなども、相手にさまざまな印象を与えているのです。たしかに言われてみれば、カン高い声=神経質と思われがちかもしれません。顔の表情と同様に、声にも表情があります。米心理学誌『Psychology Today』によれば、「声の調子(高低、大きさ)によって、相手に与える信頼性や知的な印象も変化してしまう」そうです。

また、話の流れ的におかしなところで「切れ目」が入らないように気をつけましょう。話す時の「間のあけ方」や「テンポ」も気をつけたいところ。間をどう取るか、緩急や強弱をどうつけるかで、伝わり方が変わってきます。単調になることを極力避け、豊かに表現して語るように、いろいろな声の調子を使ってみましょう。

話を聞く「相手の存在」を意識することで「いかに伝えるか」工夫しようという気持ちになってくるはずです。人前で話すことが苦手という方は、表情や声などの「ことばならざることば」、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションを気にかけてみることで、表現力が豊かになるだけではなく、新たな気づきが生まれるのではないでしょうか。

How We are Judged by Our Voice n Dating and the Workplace | Psychology Today

Thorin Klosowski(原文/抄訳:kiki)

Photo by MagneticNorth.


swiper-button-prev
swiper-button-next