特集
カテゴリー
タグ
メディア

秋から冬にかけて気分が落ち込むのは「冬季うつ病」の疑いアリ

MYLOHAS

秋から冬にかけて気分が落ち込むのは「冬季うつ病」の疑いアリ

秋が深まり寒さを感じる日も増えてきました。この時期に気をつけたいのが「冬季うつ病」です。季節性情動障害とも呼ばれ、10~11月頃に憂うつな気分が始まり、2~3月ごろに気持ちが快方へ向かうという症状を指します。

ライフスタイルメディア「MYLOHAS」に、「この経験がある人は冬季うつ病の疑いアリ」というリストが載っていました。

・パンやご飯、甘いものが無性に食べたくなり、体重が増える

・普段より睡眠時間が長くなってしまい、朝起きられなくなる

・一日中横になって過ごしたいくらい、何をするにもおっくうになる

・以前ならやれた仕事をうまく処理できない

・考えたり、集中する力が明らかに落ちる

このような症状が秋から冬にかけて頻発するようであれば、冬季うつ病を患っているかもしれないとのこと。MYLOHASによると「冬季うつ病の主な原因は日照時間の減少にある」のだとか。極端に日照時間が少ない北欧では、人口の10%が冬季うつに罹るという統計もあるそうです。

MYLOHASでは、冬季うつ病の予防策として日中のウォーキングを勧めています。

光を浴びる時間が減ると、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンや、欠乏すると鬱症状につながるセロトニンなどの神経伝達物質のバランスが崩れてしまうのだそうです。

そんな「冬季うつ病」の予防としておすすめなのは、日中のウォーキング。日光を浴びることがうつ予防になるのは前記の通りで、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動は、抗うつ作用をもつ神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン)が分泌を促します。

ウォーキングは健康維持に役立つだけでなく、「脳の中の記憶をつかさどる部分のサイズを大きくさせる」という実験結果もあります。冬に限らず取り入れていくと良いでしょう。MYLOHASではさらに、セロトニンの活性に使えそうなCDや食事なども紹介しています。

冬に太るのはこれが原因だった? これからの季節に気をつけたい「冬季うつ病」の予防方法は? | MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next