特集
カテゴリー
タグ
メディア

この不確かな人生を乗り切る教えを、サーフィンに学ぶ

この不確かな人生を乗り切る教えを、サーフィンに学ぶ

サーフィンは、我慢強さとある程度の危険に対する覚悟が必要なスポーツです。生産性向上系のアイデアブログ「99u」で作家で「BlogcastFM」のホストでもあるSrinivas Raoさんは、人生に必要なリスクをサーフィンに例えていました。

いつ、どこで、いい波がくるかは誰にもわかりません。いい波が来たとしても、うまく乗れるか、飲まれてしまうかもわかりません。いい波に乗るには「ただやり続けるしかない」ということをサーファーは知っています。Raoさんは、サーフィンと人生の類似点をいくつか書きながら、特に不確かなことの重要性について以下のように書いています。

「ドロップ」と呼ばれる瞬間があります。波に滑り出す瞬間で、これから波に乗れないかもしれないし、乗れるかもしれない瞬間です。また、もっとも不確かな瞬間でもあります。波の形は常に流動的で、サーファーはそれに対応していかなければなりません。しかし、波は割れたり、そもそも大きすぎて乗れなかったりします。つまり、完ぺきに思える波も白く泡立つ波に変わり、サーファーは飲まれることもあるのです。

人生には何の保証もありません。あらかじめ決められたことに従って人生を送っていても、成功する保証はないのです。自分の会社が成功するかどうかの予測はできません。あなたのアートはギャラリーの壁から飛び立っていくかもしれないし、あなたの愛は戻ってくるかもしれません。人生における不確かなものをすべて受け止め、たくさんの波に乗ろうとすればするほど、より多くの波に乗れるということを思い出しましょう

人間は不確かさのもたらす恩恵を常に受け入れてきました。綿密な計画を立てることは、創造力や可能性をなくしてしまいます。不安や恐れる気持ちはあると思いますが、不確かさを受け入れることができれば、想像もしなかった大きなものを手に入れられるかもしれません。

The Surfer's Guide to Taking Risks | 99u

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

Photo by Jim Bahn (Shutterstock).
swiper-button-prev
swiper-button-next