特集
カテゴリー
タグ
メディア

遠隔操作ウイルスによる冤罪を防止するためのアプリ『パケット警察for Windows』

  • カテゴリー:
  • TOOL

PC遠隔操作による冤罪事件が起きています。警察による誤認逮捕だったと公式謝罪をされたとしても、冤罪に遭った代償は計り知れません。

今回紹介するのは、遠隔操作によって自分のPCが被害に遭い、何らかの犯行予告に利用される場合に備えて、PC内のウイルスの起動記録・犯人の通信記録をログに残してくれるアプリ。これは、筑波大学発のベンチャー「ソフトイーサ」が開発しました。自分の無実を証明できるツールとして使えそうです。

プレスリリースによると、Windows用の常駐アプリのようです。「システム権限で動作し、ログファイルも一般ユーザー権限で消去できない設定で記録します」とあります。

121022packetpolice1.jpg

もしウイルスに感染してしまい、犯人による不法行為の踏み台にされた場合、警察による家宅捜索などが行われた際に「パケット警察」で記録されたログファイルを任意に警察に提出することにより、自己の無実の証明ができるだけでなく、ウイルスの活動記録・犯人がウイルスのリモートコントロールに使用した IP アドレスや TCP/IP の通信内容などを警察が真犯人を追跡するための有力な証拠として役立てることができます

例えば、「iesys.exe」という名前のウイルスのようなプロセスが起動・終了した記録は以下のように記録されます(画像はプレスリリースより)。

121022packetpolice2.jpg

このアプリはこちらから無料でダウンロードできます。自衛のためにも、このアプリをぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

※ 「パケット警察」の "警察"とは、コンピュータの所有者自身が自分のコンピュータの動作について『警察のように犯罪を見張る』という意味で用いているイメージ的な用語であり、通信ログを警察に対して自動的に送信し提供するための機能は含まれません。

※ 「パケット警察」の "警察"は、日本国の都道府県警察などの官公職を意味するものではありません。

「パケット警察 for Windows」を開発しフリーウェアとして緊急リリース | ソフトイーサ株式会社

(安齋慎平)

Photo by cottontimer.
swiper-button-prev
swiper-button-next