特集
カテゴリー
タグ
メディア

冷えても固まらない「魅惑のとろとろチーズ」の混ぜるだけ簡単レシピ

冷えても固まらない「魅惑のとろとろチーズ」の混ぜるだけ簡単レシピ

「とろけるチーズ」と謳われているようなチーズは、温めるとたしかにやわらかくなります。でも、それはチーズが伸びるという感じで、クリーム状にまでなっているわけではありません。ナチョスやベークドポテトにかけるには、クリーム状のとろとろチーズが理想的です。

そこで、料理ブログ「Chow」に載っていた、クエン酸ナトリウムでとろとろチーズを作る方法をご紹介しましょう。

柑橘系の果物から作るクエン酸ナトリウムは、一般的に飲み物やアイスクリームなどに使われています。どこで買えばいいのかと思うかもしれませんが、Amazonや専門店のネット通販などで手に入ります。

チーズを約370g(13オンス)溶かす場合の作り方を説明します。まず鍋に約大さじ1杯(14g)のクエン酸ナトリウムと、120ccの水を入れ、火にかけながら溶かします。記事冒頭のChowのビデオではビールを勧めていますが、水でも大丈夫です。クエン酸ナトリウムが溶けたら、お好みのチーズを入れ、かき混ぜながら中火でゆっくりと溶かしていきましょう。これで完ぺきなとろとろチーズのできあがり。しかも、冷えても固まらずにとろけたままです。詳しいレシピはChowのページよりどうぞ。

あとはナチョスでもポテトでも、好きなものに好きなだけかけて召しあがれ。

High-Tech Melty Cheese | CHOW Tips

David Galloway(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next