特集
カテゴリー
タグ
メディア

少し長くなったiPhone 5の壁紙まとめサイト5選&自分で作る方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
少し長くなったiPhone 5の壁紙まとめサイト5選&自分で作る方法

薄くて軽いフォルムのiPhone 5を手にしたあなたは、その新しい機能やカスタマイズなどを楽しんでいることでしょう。ところが、まだ「壁紙」はデフォルトの「水の波紋」のままだという方は多いのではないでしょうか? 残念な事に、iPhone 4や4Sなどで使用していたお気に入りの壁紙は、サイズが異なり使えません。

多くのウェブサイトがiPhone 5のサイズに切り替えられていない中、対応している壁紙を配布するサイトをいくつか見つけました。また、気に入った壁紙が見つからなかった場合に、自分でiPhone5のサイズに合った壁紙を作成する方法も合わせてご紹介します。

すでに多くの人たちがiPhone 5対応の壁紙をまとめたサイトを用意してくれていますが、その数はまだ他の機種向けほど多くはありません。数少ない検索結果の中から、iPhone5対応の壁紙を中心に取り扱っているサイトを、米Lifehackerでは5つピックアップしていました。これらのサイトで壁紙のギャラリーを見ることができます。ただし、これらのサイトには、一部職場で閲覧するのに適していない画像(NSFW)が含まれていることがあるのでご注意を。

もし、これらのサイトでも気に入った壁紙が見つからなかった場合は、PC用の壁紙などからお気に入りの画像を利用して、自分でiPhoneサイズに加工することも可能です。

お気に入りの壁紙を用意したら、下記の手順で作成します。

  1. 壁紙に使いたい画像を編集ソフトで開きます。『GIMP』や『Paint.net』など、フリーの画像編集ソフトが手軽でオススメ。Macユーザーの方は標準搭載の『プレビュー』を使ってもいいでしょう。
  2. 画像を「1136×640ピクセル」の大きさで切り抜きます。編集ソフトによってはデフォルトの単位がミリ(mm)などになっている場合もありますので、必ずピクセル(pixel)に設定してから作業をするようにしてください。
  3. 画像を保存したら、メールや2GBまで無料のクラウドサービス「Dropbox」などを使ってiPhoneに転送します。画像をiPhoneに保存しましょう。保存するとカメラロールでも見られるようになります。
  4. iPhoneの「設定」をタップし、「壁紙」>「カメラロール」と進み、先ほど保存した画像を選択すれば設定完了です。

これから、もっと多くのiPhone 5対応サイトも出てくることでしょう。もし、お気に入りの壁紙配布サイトがあれば、ぜひコメントやFacebookページで教えてください。

Whitson Gordon(原文/訳:宮川洋子)

Photo by William Hook.
swiper-button-prev
swiper-button-next