特集
カテゴリー
タグ
メディア

Android端末に最適。断線しにくくて暗闇でも挿しやすいmicro USBケーブル

こんにちは。ココロ社です。

Android端末用に使っているmicro USBケーブルについての話です。「ケーブル」としての機能はどれも一緒なのだから安くてコンパクトだったら何でもいいや......ということで、最近幅を利かせているのは、細いスリムなタイプです。わたしも同じ考えで細いものを使っていたのですが、うすうす予感していたとおり、断線して最期を迎えてしまいました。

1年以上は使っていたので元は取れた気分でしたが、よりによって超重要な連絡を待っているときに断線してしまったので、あわててヨドバシカメラへ。断線しないことが優先、また、せっかくだから前とは違うコンセプトのものを......と思って見つけたのが写真のケーブルです。まず、micro USBケーブルにしてはデザインがわりかし洗練されています。オーディオ製品売り場で売っている、「見た目はかっこいいが値段が1万円以上する」USBケーブルを思わせるデザイン。こういうデザインに気を配った機器って最近はELECOMが出してるよなーなどと思ってパッケージを見たら、「Deff」という会社のものでした。

検索してみたら、スマートフォン用のカバーなどのアクセサリーを作っている会社のようです。肝心の「断線問題」ですが、多くのUSBケーブルと比べて倍はあるんじゃないかと思えるほどケーブルが太く、コネクタ部も頑丈そうで安心。商品の説明には「絡まりにくい」的なことが書いてありますが、そりゃこれだけ太かったら絡まないだろうという気はします。

また、手元を照らせるようにライトが先端についていますが、実際に点灯してみるとこんな感じ。

20121009usbcable02.JPG

寝る前にメールしてから充電しようと思ったときなど、microUSBのコネクタは小ささが仇になってなかなかはまらず、渋々電気をつけたりしていました。ただ、このライトがあればコネクタの向きもよく分かります。

デザインがよくて、断線しにくくて、暗闇でも挿しやすいとなると、いいところばかりのように思えます。ただ、一般的なケーブルよりも400円くらい高いという点と、コンパクトさは皆無という点が問題。家で使う人向けで、持ち運びをするとなると、かなりかさばってしまいます。

ココロ社

swiper-button-prev
swiper-button-next