特集
カテゴリー
タグ
メディア

EvernoteにもDropboxにもテキストを保存できるiOS用メモアプリ

EvernoteにもDropboxにもテキストを保存できるiOS用メモアプリ

クラウドサービスの中でも特に有名なのがEvernoteとDropbox。それぞれに便利な点があり、用途別に使い分けて利用している人が多いと思います。なかでもテキスト文書をよく利用する人は前者を使うことが多いと思いますが、場合によっては書いたテキストをDropboxに入れたいという時もあるでしょう。そこで今回は、EvernoteにもDropboxにも対応したテキストエディターを紹介します。これを使えば、書いた文章をEvernoteに入れて、そのバックアップをDropboxにするなんてことが1つのアプリで可能になります。

今回紹介する『Nebulous Notes』の画面は実にシンプル。真っ白なフィールドにメモ帳感覚で入力できます。

121007nebulousnotes1.jpg

EvernoteおよびDropboxとの連携は「Settings > More Options >Security Options」から設定できます。初回時に各々のサービスのID・パスワードを入力してください。

下の画像の左がDropbox、右がEvernoteです。このようにNebulous Notesから2つのクラウドサービスに同期できました。ただ、2つのクラウドに同時にアップすることはできないようで、それぞれのクラウドボタンを選択して1サービスずつ同期させる必要があります。

121007nebulousnotes2.jpg

Dropboxに同期したテキストファイルは自動同期してくれます。試しに上の文に追記してみたところ、Dropbox側のテキストファイルにほうも更新されていました。

121007nebulousnotes3.jpg

■参考

このテキストアプリの特徴の1つに、<B>タグや<HTML>のようなhtmlタグを入力できたり、タイムスタンプできたりといったマクロツールが充実している点があります。マクロボタンは、文字入力時にキーボードの上に表示されます。表示されるボタンは、設定画面から追加可能です。

121007nebulousnotes4.jpg

もちろん自分でマクロを作って設定することもできます。自分なりにカスタマイズしてみてください。

121007nebulousnotes5.jpg

このマクロツールは、特に趣味でブログをやっているという人には便利な機能。写真とテキスト文書を一緒にDropboxにまとめておけば、家でブログを更新する時にラクです。

「仕事の経費はEvernoteにメモして、プライベートでやっているブログはDropboxにメモする」というように、仕事用とプライベート用にわけて管理するという手もあります。まだまだたくさん使い方がありそうなこのテキストアプリは、App Storeで無料で入手できます(有料版もあります)。

Nebulous Notes

(安齋慎平)

(2012.10.7更新)
swiper-button-prev
swiper-button-next