特集
カテゴリー
タグ
メディア

整理整頓は「3ステップ以下」にするといい

整理整頓をする時に、手順をステップに分解して、ひとつずつ着実にこなしていくのは効率的で良い方法です。しかし、ステップがたくさんあると、時間がかかり過ぎてしまいます。あなたの「整理整頓プロセス」が3ステップ以上あるなら、たぶん複雑過ぎです

整理整頓ブログ「Unclutterer」は、プロセスを3ステップ以下に減らすようアドバイスしています。ステップを3つ以下にしぼれば管理しやすく、時間も節約できます。どのような方法を選んだとしても、自分のニーズに合わせてプロセスを編集するとよいでしょう。例えば、クローゼットを整理する場合、次のようなステップが候補に挙がります。

  • 服を種類やセットごとにグループ分けする。
  • 服を色でグループ分けする。
  • 服を袖や裾)長さで分類する。
  • お気に入りコーディネートの写真を撮っておく(アクセサリー付きで)。
  • クローゼット用の仕切り器具を使ってエリアを分ける。
  • 棚にラベルを付ける。
  • 最初にハンガーの向きを逆にしておき、その服を着たときにハンガーの向きを直す。(半年ほどたつと、どの服が普段着ない服なのかがわかる)
  • シューズケースに靴の写真を貼っておく(中を確認しなくて済むように)。
  • 靴を透明なシューズケースに入れる。
  • クローゼットの床に貯金箱を置いておく(散らかさないことも大事!)。

それぞれのステップはどれも効果的です。しかし、全部を毎回こなすのは大変。リストの中から自分に合っていて無理なく日常化できそうなものを3つ選んで試してみましょう。そこからステップの取捨選択を繰り返し、自分流の整理術を作り上げてください。

もし、オーバースペックな方法を選んでしまって時間がかかりすぎているなら、整理整頓の「3ステップルール」をぜひ適用してみてください。きっとうまくいくはずです!

When to ignore organizing advice | Unclutterer

Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

Photo by Teo Romera.
swiper-button-prev
swiper-button-next