特集
カテゴリー
タグ
メディア

新品のパリっと硬いTシャツをヴィンテージ風のやわらかなTシャツにする裏技

新品のパリっと硬いTシャツをヴィンテージ風のやわらかなTシャツにする裏技

買ったばかりでおろしたてのTシャツは、古着のような着心地良いやわらかさがありません。もちろん、新品ならではのパリッとした着心地も良いものですが、新品よりも古着の感じが好きだという人に、このウラ技がオススメです。

衣料品会社「Octane」が勧めるこのウラ技、Tシャツを塩水に浸しておくだけというとても簡単なものです。

  1. バケツ1杯(約0.9リットル)の水に、1/2カップ(約120g)の塩を入れ、塩水を作ります。
  2. (1)にTシャツを浸して3日間置きます。
  3. 3日たったら、普通の洗濯物と同じように洗えばできあがりです。

これで硬くてパリッとした新品のTシャツが、ヴィンテージ風のやわらかな風合いになります。時間は少々かかりますが、簡単なので古着好きの人はお試しあれ。

ちなみに、編集部でも安価な綿100%素材のTシャツで実験してみました。ザラザラとした肌触りだったものが、かなりしなやかになったように感じられました。ただ、退色も見られたので、色物で挑戦するときには覚悟をしておいた方が良さそうです。

Brine Your Tee | Octane via Tipnut

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子、補:ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by John Steven F.
swiper-button-prev
swiper-button-next