特集
カテゴリー
タグ
メディア

日々の節約は、自宅でおいしく簡単にサラダドレッシングを作ることから

日々の節約は、自宅でおいしく簡単にサラダドレッシングを作ることから

何か特別な好みやこだわりがない限り、いわゆる市販のサラダドレッシングにお金をかけるのはムダです。なぜなら、ほんの少しの材料と、乳化させる知識さえあれば、サラダドレッシングは家庭でも簡単に手作りすることができるからです。健康的で、おいしくて、節約にもなります。「Gilt Taste」に、サラダドレッシングの詳細な作り方が説明してありました。自宅でおいしく作るコツも載っています。オイルとお酢、それに乳化させるのに必要な材料を混ぜるだけではなく、もう少し込み入った手順がありますが、そこまで難しいものではありません。

みなさんご存じのように、オイルとお酢は混ぜても分離します。シェイクしたり、せっせとかき回したりして、なんとか混ぜることもできますが、結局はしばらくすると分離してしまいます。しかし、オイルと酢をつなぐ材料を使うだけで、分離しないようにすることができます。ニンニクやマスタードは、とてもいい仲人のような存在です。他にも、ブルーチーズ、ケチャップ、味噌なども同じような役割を果たしてくれます。卵黄ももちろん乳化させるのにはいいのですが、強固につなぎ過ぎて、液体というより固体に近くなってしまう可能性もあります。

これさえ知っていれば、お気に入りのオイルとお酢を使って、自宅でも最高のドレッシングを作ることができます。そうはいっても、ドレッシングなんて作ったことがないから何を混ぜればいいかわからない...という人のためにGilt Tasteに載っていた「エシャロットドレッシング」の作り方もご紹介しましょう。

■材料
  • エシャロット 2つ (たまねぎ少量でも代用可)
  • 酢 大さじ4杯(赤ワインビネガー大さじ2+シェリービネガー大さじ1+バルサミコ酢大さじ1など、お好みの酢を混ぜてもOK)
  • 塩 ひとつまみ
  • オリーブオイル 1/3~2/3カップ

■作り方
  1. エシャロットを細かくみじん切りにし、酢と塩と和えて30分ほど置く。
  2. 30分経ったら、オリーブオイルと混ぜる。

たったこれだけです。

筆者は「マスタード、ニンニク、 米酢、オリーブオイル、塩こしょう」でサラダドレッシングを作り、容器に入れて冷蔵庫で保存しているとのこと。そうすれば、いつでもサラダにかけることができます(Giltでは毎回手作りすることをおすすめしていますが)。

おいしく作るためのポイントは、オイルと酢の割合と、何度も作って自分好みの味を研究することでしょう。自分好みの味のレシピを見つけて作り置きすれば、余計なお金を使わずに済みます。楽しみながら、トライしてみてください。

How to Make a Better Vinaigrette | Gilt Taste

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next